まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
加藤周介

ワクワク・ドキドキする人生になる社交ダンスの講師

加藤周介(かとうしゅうすけ)

加藤周介ダンスアカデミー

お電話での
お問い合わせ
03-5284-1452

コラム

パーティーに行ってみよう! 1/2

2016年7月26日

ぱらりとダンス専門誌をめくると1/3ぐらいは「ダンスパーティーの開催情報」だったりする。しかも小さな字でぎっちりと書き込まれており、その数の多さにダンス業界ってバブル並みに盛り上がっているんじゃないかと思わず勘違いさせられるほど。(もちろんSNSでも同様もしくはそれ以上)。
それくらい「パーティー」の需要は多い。
情報ガイドを読んでみると、一回500円~1500円程度の参加費で、場所は市民ホールなどのパブリックなところから、貸しホール、ダンスホールなど、パーティー会場は様々。
ドレスコードも普段着でOKから準正装まで、いろいろありますが、比較的気軽で自由。
プレゼントが付いていたり、抽選会があったり、飲み放題お茶菓子付きなんていうのもあり。
「歓」マークは「お一人様大歓迎」という意味で、「リボン」マークはアテンドが待機してますよの意味。(注・パーティーの主催者側が用意したダンスアテンドと呼ばれる人が、踊れてない人やあぶれている人に目を光らせ救済してくれる。胸にリボンやバラをつけているので、リボンさん、バラさんとも呼ばれる)
と、いたれりつくせりで、パーティーはやっぱり楽しいものです。

パーティーダンスと言われる、ジルバやブルースなどのステップが踏めれば踊りは最低限クリア。あとは度胸とマナーさえあれば誰でも参加できます。社交ダンスをやっている方のお楽しみのひとつであり、またこういうパーティーで腕を磨く方も多いのです。

しかし、このパーティーが楽しくてせつなくて面白い。
うちの教室でも毎年パーティーを開催しますが、基本的に生徒さん同士顔見知りの方が多く、知らない方でも誰とでも積極的に踊ろう!というのが、コンセプトですので、トラブルはほとんどありません。もしあるとするならば「もっとたくさん踊りたいんですけど、先生!」ぐらいでしょうか(笑)。
しかし、教室主催ではなく、一般的なパーティーでは、
①知らない人が多い(単身で乗り込めば全員知らない人ばかり)
②ダンスのレベルは様々(猛者から初心者までの群雄割拠)
③布陣は圧倒的多数の女性陣(女性が男性より多い)
こういう環境というか空気の中で、踊ることになります。
そこで楽しく踊るためには「ダンスが上手けりゃそれで文句はないでしょ」ではダメなのです。ダンスパーティーは会場にいるみんなが時間や音楽や場を共有し楽しむもの。そのためには「思いやり」という、マナーが絶対に必要です。(小学校の道徳の時間みたいになっちゃってますが)そこで、パーティーで楽しく踊るための作法を挙げてみようと思います。

詳しくは次ページにて!

この記事を書いたプロ

加藤周介

加藤周介(かとうしゅうすけ)

加藤周介プロのその他のコンテンツ

Share

加藤周介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5284-1452

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤周介

加藤周介ダンスアカデミー

担当加藤周介(かとうしゅうすけ)

地図・アクセス

加藤周介プロのその他のコンテンツ