まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
加藤周介

ワクワク・ドキドキする人生になる社交ダンスの講師

加藤周介(かとうしゅうすけ)

加藤周介ダンスアカデミー

お電話での
お問い合わせ
03-5284-1452

コラム

ペアって大変!「男の事情と女の感情」 1/3

2016年6月11日 / 2016年6月14日更新

昨今の日本の結婚事情ですが、
生涯未婚率男性が20.14%、女性は10.61%(国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集(2014年)」より)。
これって多いのか少ないのか数字だけ見ても、よくわかりませんが、
生涯だれとも一度も結婚することなく独身を通す人が年々増えていることは確か。
女性に限っていえば、
・アラフォーと呼ばれる人の3人から4人にひとりは未婚
・40才で、5年後に結婚する人は1%未満
だとか。(なんだかセンセーショナルに見せる数字のマジックもありそうですが)
男子にあてはめるともっとシリアスな数字になるかと思われます。
未婚や晩婚化の理由は経済的な問題から、「人と暮らすのがめんどうくさい」、「ひとりで十分楽しい」「結婚はリスキー」…など様々ですが、結婚が困難になっていることは確かなようです。

その結婚より難しいと言われているのが、社交ダンス界におけるペア探し。
「結婚相手をさがすより大変」というのが定説です。
こちらも理由は様々ですが、「男性が圧倒的に少ない」という数の原理も大きな理由のひとつでしょう。
運よくペアが見つかったところで継続させるのが「結婚より大変なのはなぜか?」といえば、ダンスは愛だけじゃ踊れないから、でしょう。
恋愛関係なら「愛情」が多くの欠損や不足、不安を補いあるいは凌駕し、結婚へとゴールする可能性がありますが、ダンスのペアに必要なものは、ダンスの力量、ダンスの相性(踊りやすい)、そしてやはり生身の人間ですから人としての相性がすべてです。
キャリア、容姿の他にも条件的なことでいえば意外に大事になってくるのが、住んでいる場所や仕事の定休日など。
「練習時間をとる」こともペアにとって大きな課題なので、遠距離恋愛はアリかもしれませんが、遠距離ペアはほぼムリだと思います。

そして最後のところは「性格」が合うか合わないか。
結局はここにたどりつきます。若くて美人(イケメン)でダンスが上手くて休みの日もいっしょで…と条件がそろっても、最後は性格です。
条件だけではクリアできないダンスのペア選びは、結婚相手選びよりずっとウエットでシビアかもしれません。
阿吽の何か。しっくりくる何か。踊っていて心地いい何か。
その言葉にはできない「何か」を求めて自分のダンスの片割れを探すのがペア探しです。

次ページで男女のいざこざを徹底分析します。

この記事を書いたプロ

加藤周介

加藤周介(かとうしゅうすけ)

加藤周介プロのその他のコンテンツ

Share

加藤周介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5284-1452

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤周介

加藤周介ダンスアカデミー

担当加藤周介(かとうしゅうすけ)

地図・アクセス

加藤周介プロのその他のコンテンツ