マイベストプロ東京
木村僚太

クラウド型会計ソフトの活用に特化した公認会計士・税理士

木村僚太(きむらりょうた)

木村公認会計士事務所

お電話での
お問い合わせ
03-4405-9212

木村僚太プロのご紹介

IT企業をメインにクラウド型会計ソフトの活用に特化して、会計・税務業務を行う(1/3)

クラウド型会計ソフトの活用に特化した公認会計士・税理士 木村僚太さん

会計・税務に関する業務の省力化で提案業務に注力

 木村公認会計士事務所代表の木村僚太さんは、公認会計士・税理士として活動しています。主に中小企業と会計・税務顧問契約を結び、サービスを提供しています。
 
 木村さんの強みは、会計・税務業務において、クラウド型会計ソフトの活用に特化している点です。ITツールを積極的に導入したい30~40代の若い経営者からは、「クラウド型会計ソフトが使える公認会計士・税理士」として選ばれています。

 従来の会計・税務業務は、顧客から請求書等の会計データを受け取る→PCに会計ソフトを使って入力する→仕訳後に、顧客に渡すという煩雑な工程で行っていました。しかし、「クラウド型会計ソフトを活用すれば、作業工数の省力化でバックオフィス業務の効率化が実現する」と木村さんは言います。

 クラウド型会計ソフトを使った場合のメリットは、クラウド上にデータがあるので、顧客と会計事務所がリアルタイムで作業状況を確認できること。木村さんが導入しているクラウド型会計ソフトは、『freee』と『MFクラウド会計』で、いずれも銀行の出入金やクレジットカードの明細等と同期が可能で、仕訳もある程度自動化が可能です。

「データを会計ソフトに打ち込む作業がなくなることで、その分の時間を将来の資金計画を立てたり、資料を分析するなど、お客さまへの提案業務に振り向けることが可能です。結果的に、お客さまの成長のサポートにつながると考えています。実際、若い世代の経営者は、自らもプレイヤーとして多忙でいらっしゃるので『経理の手間が省け、本業に注力できるようになった』と喜ばれています。『free』と『MFクラウド会計』のどちらを導入したら良いかという相談にも応じます」

 中小企業の中でも、木村さんがメインに会計・税務の顧問契約を結んでいるのが若い経営者の多いIT関連企業です。
「税理士の平均年齢は60歳を超え、高齢化が進む業界です。クラウド型会計ソフトを使えることもそうですが、私も30代ですので、同年代で感覚が合うことで、お互いに仕事がやりやすいと感じています。クラウド型会計ソフトを導入後は、もちろん他業種でも、これからクラウド型会計ソフトの導入を検討したいという企業であれば、積極的にサポートしたいと考えています」

Share

木村僚太プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-4405-9212

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

木村僚太

木村公認会計士事務所

担当木村僚太(きむらりょうた)

地図・アクセス

木村僚太プロのコンテンツ