まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤田裕二

的確な判断で雨水から建物を守る雨漏り改善の専門家

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

お電話での
お問い合わせ
03-6682-6190

藤田裕二プロのコラム一覧

ベランダだって雨漏りは発生します。避難ハッチからの雨漏り事例が「建水プロテクト」の施工事例に投稿されています。

ドレンなのだからいつも濡れていても問題ないのでは?答えはここで確認!【東京雨漏り事情】

ドレンのストレーナーにゴミが溜まって水溜りになるらしく、しばらくストレーナーを取りはずしていたらしいのですが、樋の中がゴミだらけになって雨の流れにくい状況に陥ってました。樋内での目詰まりは大量雨漏りに発展する危険がありますので注意が必要です。やはり、ストレーナーは取り外さ...

あるべき形に戻します

巾木にもそれぞれの形選択次第で雨漏りリスクは減らせます【東京雨漏り事情】

建物が存在する限り雨漏りの可能性も存在する一度始まってしまった雨漏りが自然に治癒する事はない一つの建物だけで数種類の雨漏りが存在したり 一つの雨漏りに多数の原因が存在していることもある最初に雨漏りに出会った時 人によっては途方に暮れるしかし 雨の度に流れ出る雨...

「防水施工技能士」の役目 「雨漏り診断士」の役目

BSアンテナの引っ越しをしました

雨漏りの調査あるあるが【東京雨漏り事情】に投稿されました。

「屋根の葺き替えが必要です」「このまままでは建物がダメになります」「防水が限界だからやり直しましょう」いきなりですか?【東京雨漏り事情】に医師と診断士の話が投稿されています。

「雨漏りの功績」~スミポインターの叫び~ 【雨漏り110番】に貫通穴から雨が滴るという記事が投稿されています。

雨漏りの発見には散水調査が有効であるが、水をどの部位に当てるかは調査責任者の判断に任せられている。調査者が状況を読み解きながら、また、被疑箇所が重なって後から迷ったりしないように考慮しながら調査を進めている。決して思い付きの順番で行っている訳ではなく、時には関係ないと思...

「東京屋根雨漏り修理事情」が【東京雨漏り事情】に投稿されました。私たちはこれからも伝え続けます。 えっ?何を?

【東京雨漏り事情】にバルコニーとルーフバルコニーとベランダの話が投稿されています。あなたは違いが分かりますか?要チェック!

「屋根の雨漏りを考える」記事が【東京雨漏り事情】に投稿されています。

藤田裕二プロのその他のコンテンツ

Share

藤田裕二プロのその他のコンテンツ