まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤田裕二

的確な判断で雨水から建物を守る雨漏り改善の専門家

藤田裕二(ふじたゆうじ)

株式会社 建水プロテクト

お電話での
お問い合わせ
03-6682-6190

藤田裕二プロのコラム一覧

​台東区に古いビルを持っているMさんは悩んでいた。建物は築年数40年以上にもなる鉄筋コンクリート造の4階建てなのだが数年前から4階の天井付近から雨漏りがしている。建物は1棟貸ししていて4階は倉庫になっている。1階に事務所、2階が作業場、3階が展示室となっているが上に行くにつれ...

どうりで正確だと思ったんですよ。そうですか、透視してたんですね。なるほどです。そのカラクリはこちらで確認

繰り返すには訳がある!その理由はこちらから!

過去に2度補修を実施した結果、雨漏りはほぼ改善した。・・・と思われていた。が、しかし、先日の深夜の強風を伴う雨の時にまたしても雨漏りが発生してしまった。そう、同じ場所から・・・ 続きは「雨漏り110番」の施工事例で

今年の現時点の就職内定率は昨年と比較しても高いらしく、しばらくは売り手市場が続き早期の内定率も高くなる傾向だと聞く。誤解して頂きたくないが、いわゆる就職氷河期に就職した方々と比較した場合、最近は「入社しやすい」状況下で就職していると言えなくもない。言い換えればあまり苦労せずに...

昨夜の激しい雨のせいだろうか、朝起きたら1階のリビングのフローリングの床に直径20センチメートルほどの水溜りができていて大いに驚いた。よく見るとサッシ上部の木枠(額縁)との隙間に水滴が残っている。何となく「原因は壁に吹き付けた雨だろう・・・」と思った。中古で購入した木造2階建...

 実施した雨漏り調査の90%は1日で結果を出しています ・この一年間で実施した雨漏り調査の90%は当日に結果を導き出しています。・この一年間で行った雨漏り調査の原因判明率は97%です。残り3%は継続調査中です。 建物の構造は問いません ・建物の構造は問いません。場...

 調査を実施した人は誰よりも建物の状況を把握している 雨漏り診断士は、数時間~数日という時間を掛けて雨漏りの調査を行っていますので推測の段階から原因の特定に至るまでの間、建物の状況や構造や納まりに想いを巡らしています。たとえ入居者の方が30年以上住み続けていたとしても雨漏り...

 雨の日は散水調査が出来ない? 「今、雨漏りしているので見に来て下さい!」「明日、天気予報が雨予報なので調査しちゃって下さい!」「建物全体が濡れている雨が降ってるうちに原因の当たりを付けておいて下さい!」【答え】➡➡➡建物全体が濡れている状況では、建物のどこを流れ...

建物には「癖」があるんだとか?!一体、何の「癖」?【東京雨漏り事情】で確認しましょう。http://xn--nbk261g7pm8onj50c.tokyo/?p=1318

どうして娘さんは怒っているのでしょうか?【東京雨漏り事情】で確認して下さい。

皆さんは「一次防水」とか「二次防水」とかって聞いた事がありますか?建物には必ずあるものなのですが、一体どんな役割を担っているのでしょうか。【東京雨漏り事情】で確認。

弊社が運営している雨漏り情報サイト【東京雨漏り事情】に「画像付き目次」が設置されたのでお知らせいたします。雨漏り解決の一助になれれば幸いです。

梅雨時期の雨漏りの場合、屋根を疑わなければならない。【建水プロテクト】のホームページに雨漏り原因箇所の見極め方に関する記事が投稿されています。

調査をしない理由とは?そして結果は?建水プロテクトのホームページに本日の現場確認の記事が投稿されています。

藤田裕二プロのその他のコンテンツ

Share

藤田裕二プロのその他のコンテンツ