まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
三澤ルミ

都会でひとり頑張る人の救世主となる婚活アドバイザー

三澤ルミ(みさわるみ)

リアンフィニ婚シェル

コラム

本当の夫婦になる為に必要なこととは

結婚相手

2017年12月3日

ご訪問ありがとうございます。
なまりありますが愛もある、田舎出身の婚活コンサルタント、
 ”リアンフィニ婚シェル”の 三澤ルミ ですっ(▰˘◡˘▰)


以前は田舎者を隠して
無理して標準語つかっていましたが

変に背伸びせず、
反対に、日本一幸福度No.1の田舎出身であることを誇りに思い、
近ごろはあえてなまりあることも公表しています。


結婚は焦ってするものではない


結婚の名言の中で

「 結婚は早すぎてもいけない、
  おそすぎてもいけない、
 無理が一番いけない、
  自然がいい 」

このような武者小路実篤の名言がありました。

実にその通りです。


結婚を急ぎ過ぎる人はたいがい
悪い男性を手に入れがちだと言われています。

それはたぶん、

今、付き合っている人は結婚相手とは
ちょっと違うと感じているのにもかかわらず

結婚適齢期だからといって選んでしまったか、
もしくは授かり婚になってしまったか・・・。


また、お付き合いしている相手がいると
その人が一番自分にあっていると思いがちですよね。

でも生活を共にして
ずっと寄り添っていける相手であるか・・・

一方通行にならないか、
よく見極める必要があります。


結婚は決して恋愛のような
甘い、良いことばかりではありません。


何よりも
お互いに信頼し合える、そう思えるお相手が一番です。





時代に沿ったライフスタイルを


男性が働き、女性が家を守るといった時代は終わりました。

今からは女性も平等の世界。

女性が社会にも進出して働く、
その代わり、男性も家事を手伝う・・・

このような形が主流になりそうです。

時代と共にライフスタイルも変わり、
考え方も変わる・・・

当たり前のことです。

それなのに日本は古い風習から
女性が働いていても
家事や育児までをこなさねばならない傾向があります。

これでは女性の不満が溜まり
そのうちに男性を見下げてしまいます。


しかし反対に女性が強くなりすぎてもいけません。

働いて帰ってきた旦那さんに対して
当たり前のように家事を押し付けるようになると

旦那さんが家庭を癒せる場所と思えなくなり
帰りたくない場所になってしまいます。


お互いがいつまでも快い生活を望み、
お互いに良い関係を築きたいのであれば

お互いによく話し合って、協力し合う。

二人であることに感謝し、
相手を思いやる心をいつまでも忘れないことです。





本当の夫婦に必要なこととは


いくつになっても
手を取り合える本当の夫婦になる為には

たとえ愛情の”愛”はいつか冷めて”情”だけになっても

お互いに信頼し合えることです。


”子は鎹(かすがい)”になってしまっては
子供が成長した後、

ふたりだけの生活に耐え切れなくなり
熟年離婚になりかねないものです。



夫婦は所詮他人なのですから
お互いに相手を思いやる気持ちがなければいけません。


どちらかが我慢、忍耐になるのだったら
夫婦の意味がないっていうものです。


まだお付き合いしていない人、
または婚活中の人は

外見や肩書ばかりを重要視せず、


結婚後も信頼し合える人か、、
尊い愛を秘めている人か・・・

その事を頭に置いて
自分に相応しいお相手選びしてくださいね。


リアンフィニ婚シェルでは
『上京しひとり頑張る人の強い味方!』をコンセプトに

ベストパートナーとの出会いだけでなく
いろいろなお悩み相談に対応し、

心豊かに自らが考え行動できるよう
“自分力” を高め、幸せ体質になるようナビゲートします。


また
成婚した後も同士とのご縁も継続できる
コミュニティを構築中。


お気軽に無料ご相談のご予約下さい。

この記事を書いたプロ

三澤ルミ

三澤ルミ(みさわるみ)

三澤ルミプロのその他のコンテンツ

Share

三澤ルミプロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5177-7771

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三澤ルミ

リアンフィニ婚シェル

担当三澤ルミ(みさわるみ)

地図・アクセス

三澤ルミのソーシャルメディア

facebook
facebook

三澤ルミプロのその他のコンテンツ