マイベストプロ東京
  1. マイベストプロ TOP
  2. マイベストプロ東京
  3. 東京のスクール・習い事
  4. 東京のスクール・スポーツその他
  5. 八巻稔秀
  6. コラム一覧
  7. バレエなどでも使える、姿勢のつくりかた ”引き上げ”のためのストレッチ②
八巻稔秀

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

八巻稔秀(やまきとしひで) / スポーツトレーナー

TY Body Tune

コラム

バレエなどでも使える、姿勢のつくりかた ”引き上げ”のためのストレッチ②

2020年3月17日

テーマ:バレエ・ダンス上達のための、姿勢改善法

コラムカテゴリ:美容・健康

コラムキーワード: 姿勢改善 ストレッチ

バレエなどでも使える、姿勢のつくりかた

この記事の続きの記事です。

前回は姿勢を良く見せる”引き上げ””が出来るようにするストレッチのその1、
「肋骨まわりのストレッチ」
をご紹介いたしました。

今回は、肋骨まわりのストレッチその2です。


肋骨のすき間を、前も後も拡げよう!



前回ご紹介したストレッチは、肋骨の前側を拡げるストレッチでしたが、
今回は肋骨の後側を拡げます。



肩甲骨まわり ストレッチ
このように、腕を伸ばしながら肩甲骨まわりを上へ引き伸ばすようにします。
これで肩甲骨まわりの背中の皮膚を伸ばします。

この動作をする事で、肋骨の後側を拡げるようなイメージで伸ばします。
左右それぞれやってみましょう。

背中が硬くなっている人は結構多いので、
ストレッチ感が強く出て気持ちいいと感じる人も多いかもしれません。
ただ、伸ばすのが難しいところでもあるので、練習してみてください。



◎肋骨(胸郭)はちょうちんのように動くもの。でもここがみんな縮んだままになっている・・・

前回に続いて、肋骨のすき間をストレッチしました。

胸を引き上げる姿勢が上手くとれないという方は、
この肋骨まわりが縮んでいるのかもしれません。
ここが縮んだままだと、そもそも胸の引き上げは出来ません。



肋骨(胸郭)は背骨の動きにあわせて前後左右が縮んだり拡がったりして動きます。
例えるならちょうちんのように動くのですが、
多くの人はだんだん硬くなって動きが悪くなります。



そこを動くようにと、肋骨のすき間を拡げる動作を練習するのです。
胸 ストレッチ
それが今回・前回とご紹介したストレッチです。

さらに横も伸ばしてあげればOKですね。


肋骨のすき間を拡げれば、カラダの動きもしなやかさが増す!



肋骨の間を拡げられれば胸の位置も上がって姿勢がキレイに見えるのはもちろんですが、
背骨・体幹がより大きく動かす事が出来るようになります。

手脚の動きも体幹からダイナミックに動かせるようになりますし、
背骨がしなるようになるので、動きがしなやかになってきます。


しなやかな動きを必要とするバレエやダンスはもちろん、
球技や格闘技など、多くのスポーツでも肋骨まわりの動きをつくる事は
大きなメリットがあると、私は考えていますし、実感しています。


皆さんも是非試してみてください。

体の不調改善・パフォーマンスアップをお手伝いいたします


◎姿勢改善トレーニング無料体験会・受付開始!
詳しくはこちら

ご相談は、LINEでも。


腰痛・膝痛などのお悩みやスポーツ・ダンス上達などに関するご相談、
LINEでも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたプロ

八巻稔秀

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

八巻稔秀(TY Body Tune)

Share

関連するコラム

八巻稔秀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7188-8785

 

※電話に出られない事が多いため、出来るだけお問い合わせフォーム・LINEのご利用をお願いいたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八巻稔秀

TY Body Tune

担当八巻稔秀(やまきとしひで)

地図・アクセス

八巻稔秀のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2020-10-10
facebook
Facebook