マイベストプロ東京
八巻稔秀

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

八巻稔秀(やまきとしひで) / スポーツトレーナー

TY Body Tune

コラム

スキーと膝痛①

2019年8月11日

テーマ:2020シーズンスキー上達レッスン

コラムカテゴリ:スクール・習い事

姿勢や歩き方などの、身体動作改善のトレーナーとして活動している私ですが、
スポーツは30歳手前から始めたスキーの「モーグル」をやっています。


このところは草大会に出る事も出来ていないので、
専ら週に1度、専用コースでの練習でコブ斜面を楽しんでいます。



そんな私も40代半ば、

モーグル・スキーの練習をするにも体力との戦いになる年齢です。

若者のようにとにかく数を滑ってという訳にもいきませんので、

効率の良い練習・トレーニング法を考慮しないといけません。

ケガをしたら、仕事にも影響しますしね。


膝に負担がかかるのは、股関節の機能が低い事が原因。



モーグルをやっていると言うと、よく言われるのが

「膝にすごく負担がかかりそうだね」



あれだけ大きく足を曲げ伸ばししているので、

確かに負担がかかりそうにみえますね。


股関節 曲げる


しかし、膝に負担がかかっているなとはあまり感じません。

限界まで滑り続けると脚がつる位で、関節が痛くなる事はありません。



股関節をもっと有効に使おう!





トレーニング指導の時に、ある動作のテストをして、

膝と股関節をどのように使っているかをチェックしています。

すると、多くの方は膝を多く使っている事がわかります。

みなさん膝を使いすぎなのです。








スキーの吸収動作です。足の曲げ伸ばしが大きく行われる

「スクワット」と同じような動作です。

この動作が本来は上半身と下半身をつなぐ「股関節」がメインになる事が望ましいのですが、

股関節の動きが不十分・動きづらいと代わりに膝関節や腰椎がその分多く働いてしまいます。

膝痛や腰痛が起こりやすい要因になります。



スクワット(脚の曲げ伸ばし動作)の動作の中心は股関節です。

上半身の形はそう変わらず、股関節から下が大きく変わります。

膝は股関節の動きに伴って動く補助部品位になれば、膝には負担を感じなくなります。



膝が痛くなるのは、筋力がどうとかいう問題ではありません。
要は使い方の問題です。

”体を変えたい”貴方の専属コーチ、承ります!


貴方の目的のために、完全オーダーメイドのマンツーマン指導。
”変わりたい!”方に、一生モノの姿勢・動作改善法をご提供。


ご相談は無料ですので、お気軽にお体のお悩みご相談ください。
内容など詳しくはホームページにて
https://www.dousaryoku.com/skisisei
◎運動習慣の有無・競技種目問いません◎

この記事を書いたプロ

八巻稔秀

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

八巻稔秀(TY Body Tune)

Share

関連するコラム

八巻稔秀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7188-8785

 

※電話に出られない事が多いため、出来るだけお問い合わせフォーム・LINEのご利用をお願いいたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八巻稔秀

TY Body Tune

担当八巻稔秀(やまきとしひで)

地図・アクセス

八巻稔秀のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2021-02-20
facebook
Facebook