マイベストプロ東京
八巻稔秀

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

八巻稔秀(やまきとしひで)

TY Body Tune

コラム

”腹筋”をやり過ぎると、姿勢は崩れる①

今週は、お腹のトレーニングについてのお話をしています。
今日は、よく皆さんも目にする・やっている
腹筋・体幹のトレーニングについてのお話です。


腹筋をやり過ぎると、姿勢は崩れる。その訳は?



腹筋のトレーニングで代表的なのが、
「クランチ(トランクカール)」というこの種目。


腹筋

これで腹直筋という、お腹の前側にある筋肉を縮めて鍛える訳です。


この種目をやると、骨格の形成において、大きな問題が出ます。

骨盤の前下部にある、恥骨と、肋骨前側が近づいてしまうのです。


腹直筋は、恥骨と肋骨を結んでいますので、
ここを鍛え過ぎると両者が近づき、
こんな姿勢になりやすくなります。

腹筋 姿勢


なので、体を必死に起こし、お腹を縮めるような
腹筋トレーニングはやればやるほど姿勢が悪くなると言ってもいいでしょう。


腹筋をやると、逆にお腹が出てくる・・?!


姿勢が悪くなれば、前回もお話したとおり、
お腹まわりの筋肉の「張り」が保てなくなるので、
逆にお腹は緩んでくる訳です。
回り回って、腹筋トレーニングをやり過ぎると、
逆にお腹が出てくると考える事も出来るのではないでしょうか?


もちろん、体を前屈みにする時にお腹の筋肉は使います。
正しい鍛え方・トレーニングの仕方というのがあります。
それはまた後日という事にして・・・




次回はもう一つ、
体幹トレーニングの問題点についてのお話を先にしておきたいと思います。

この記事を書いたプロ

八巻稔秀

「体を作る=骨格を整える」を提唱するスポーツトレーナー

八巻稔秀(TY Body Tune)

Share
関連するコラム

八巻稔秀プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-7188-8785

 

レッスン中は電話に出られないため、留守番電話にメッセージをお残しください。折り返しお電話いたします。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八巻稔秀

TY Body Tune

担当八巻稔秀(やまきとしひで)

地図・アクセス

八巻稔秀のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2019-07-07

八巻稔秀プロのコンテンツ