まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
栗原庸介

終活カウンセラー資格を持つ親しみやすい司法書士

栗原庸介(くりはらようすけ)

栗原司法書士事務所

栗原庸介プロのコラム一覧:民法道場

民法道場

2018-04-12

約2週間ぶりとなる民法道場です。ほとんどの法律系資格、公務員試験には民法が出題されます。民法を得意にして、人生の幅を広げよう!ではいくぞ、問題!問 次のうち、各設問に合うものをすべて選びなさい。 ア 全部他人物売買(561条)の契約解除 イ 全部他人物売買(56...

民法道場

2018-03-31

ほとんどの法律系資格、公務員試験には民法が出題されます。民法を得意にして、人生の幅を広げよう!ではいくぞ、問題!利害関係を有する第三者であれば、当事者が反対の意思を表示している場合であっても、弁済をすることができる。〇か×か?…さあ、100%の自信を持って解...

民法道場

2018-03-25

ほとんどの法律系資格、公務員試験には民法が出題されます。民法を得意にして、人生の幅を広げよう!ではいくぞ、問題!「ビール1ダース」のように、債権の目的物を種類のみで指定した場合において、法律行為の性質又は当事者の意思によってその品質を定めることができないときは、...

民法道場

2018-03-24

ほとんどの法律系資格、公務員試験には民法が出題されます。民法を得意にして、人生の幅を広げよう!3回目を迎える今回は、今ホットな話題の債権者代位権に関する問題です。ではいくぞ、問題!債権者代位権で、・裁判上の代位・保存行為のみに特に認められていることは何...

民法道場

2018-03-24

ほとんどの法律系資格、公務員試験には民法が出題されます。民法を得意にして、人生の幅を広げよう!ではいくぞ、問題!刑法だけでなく、民法にも正当防衛や緊急避難がある。〇か×か?正解は…各自で民法720条を確認しよう!★宣伝★家庭教師致します。希望者が多ければ勉...

民法道場

2018-03-23

問題篇はこちら。http://mbp-tokyo.com/judicial-scrivener-act/column/67159/問題のおさらい民法484条は、特約がない場合、基本的に弁済すべき場所を「債権者の住所地」としています。(持参債務の原則)では、例外的に「債権者の住所地」とならない場合はどういう場合で、その...

民法道場

2018-03-23

行政書士受験生の皆さん!もうすぐ3月も終わります。試験まであと7か月ちょっとです。学習は順調ですか?司法書士受験生の皆さん!もう直前期ですよ!嵐のように勉強してますか?その他、法律系資格、公務員試験受験生の皆さん!民法は理解できていますか?今日から、...

栗原庸介プロのその他のコンテンツ

Share

栗原庸介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-851-8297

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗原庸介

栗原司法書士事務所

担当栗原庸介(くりはらようすけ)

地図・アクセス