まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
栗原庸介

終活カウンセラー資格を持つ親しみやすい司法書士

栗原庸介(くりはらようすけ)

栗原司法書士事務所

コラム

最低賃金の話

貧困問題

2018年2月15日

みなさん、自分のお住まいの地域の最低賃金、
把握していますか?

ちなみに東京都では2018年2月現在は時給958円です。

正社員も非正規の方も、等しく最低賃金は適用されますから、
東京都で働く方であればいかなる雇用であっても
時給が958円を下回ることは許されません。
覚えておいてください。

…と、労働局の求めに応じて広報するだけでは
並の法律家なので
私は更に問題提起をしておきます。

試しに、最低賃金で働いたらいくらになるか
計算してみましょう。

年間の所定内労働時間である1860時間を掛け算して
年収を求めましょう。
(東京都の場合)
@958 × 1860 = 178万1880円。

ちなみに最低賃金が最も低いのは、
福岡を除く九州6県と沖縄県で、
その額は時給737円。これで計算すると

@737 × 1860 = 123万8160円!

おいコラ。
フルタイムで働いても貧困じゃねーか。

そういうわけですから、
日本の貧困は国策の結果であるということがここにも現れています。
だって、国が賃金はこの額でいいと公認しているのですから。

本気で貧困問題を解決したいなら、
最低賃金が時給1600円くらいにならないと無理です。
それでやっとフルタイムで年収297万6000円です。
これでもまだまだ厳しいでしょう。

最低賃金をいくらに設定するのかで、
国の本気度が占えるというわけです。
そのくらい大事な指標ですので、
ぜひ覚えておいてください。

ブラック企業問題は電子書籍で熱く語っております。
https://www.amazon.co.jp/8B-ebook/dp/B01N6JS2BG/

もうすぐ幻冬舎より発売になる新刊
「40歳までに知っておきたい民法のキホン」
でも詳しく取り上げています!
乞うご期待!


この記事を書いたプロ

栗原庸介

栗原庸介(くりはらようすけ)

栗原庸介プロのその他のコンテンツ

Share

栗原庸介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-851-8297

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗原庸介

栗原司法書士事務所

担当栗原庸介(くりはらようすけ)

地図・アクセス