まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
栗原庸介

終活カウンセラー資格を持つ親しみやすい司法書士

栗原庸介(くりはらようすけ)

栗原司法書士事務所

コラム

報道の自由はどこまで許容されるべきか

憲法・人権

2018年1月28日

文春砲については既に論じたが、それ以外にも、
報道に関して気になることがいくつもある。

例えば、人気女優の広瀬アリスさん、すずさん姉妹の兄が、
1月15日に道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で静岡県警清水署に現行犯逮捕された件。

※そもそも、逮捕された時点で実名報道することも問題なのだが、
 今日はその点は措く。

姉妹がTwitterで「ご心配をおかけし申し訳ございません」とお詫びする事態に発展している。

さて。

Q1 兄とはいえ、別人格である成人男性が逮捕されたことに対し、姉妹が公に謝罪する必要があるのか

Q2 っていうか、そもそも「捜査関係者によると、容疑者は広瀬姉妹の兄」
  の部分を報道する必要があるのか。許されるのか。

日本の刑法は、犯罪者の家族に連帯責任を取らせる仕組みにはなっていない。

日本は諸外国に比べて、加害者の家族に対して非常に冷たい。

まあこの点も別に論じることにして、本コラムはQ2に専念しよう。

芸能人の家族に逮捕者が出た、逮捕者がいる、という事実の報道は、果たして刑法230条の2に定める
「公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることにあったと認める場合」
に該当するのでしょうか。

前にも書きましたが、私は芸能人だという理由だけで
何でもかんでも「公共の利害に関する事実」と捉える見解には反対です。

芸能人は私人です。
報道の自由とプライバシー権という、人権と人権が衝突している場面で、
安易に報道の自由を優越させるべきではない。

公共の利害に関する事実とは、民主主義の維持・発展に不可欠な事実という風に、
ある程度狭く解するのが妥当でしょう。

芸能人にとって、イメージが悪化する情報が公になれば
場合によっては引退も余儀なくされかねない、
痛恨のダメージを負ってしまう可能性があります。

それに対し、報道の自由の優越によって得られる利益はどうでしょう。
芸能人の不倫とか、芸能人の身内に犯罪者がいるとかって、
民主主義の維持・発展に不可欠な情報でしょうか。
はっきり言ってどうでもいいことですよね。極めて個人的な問題です。
こんなものは法的保護に値しない。

報道は民主主義の要、を大義名分に、
実際には権力を監視して国民の人権を擁護すべきマスコミが、
むしろ権力に阿り人権を積極的に侵害しているのではないか。

私にはそう思えてならないのです。
強い危惧を感じています。

この記事を書いたプロ

栗原庸介

栗原庸介(くりはらようすけ)

栗原庸介プロのその他のコンテンツ

Share

栗原庸介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
042-851-8297

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

栗原庸介

栗原司法書士事務所

担当栗原庸介(くりはらようすけ)

地図・アクセス