マイベストプロ東京
  1. これから将来仕事で成功したい人は「会社と結婚するな。職能と結婚せよ」
酒井翔平

マーケティングに強い人材を育成・転職支援する専門家

酒井翔平(さかいしょうへい)

株式会社逸材は君だ

コラム

これから将来仕事で成功したい人は「会社と結婚するな。職能と結婚せよ」

2019年5月16日

テーマ:転職

どうも、こんにちは。

逸材は君だの酒井です。



今回はタイトルにもある通り、
これからの時代は「会社と結婚するな。職能と結婚せよ」という話をしていきます。



ちなみにこの言葉は私が編み出したものではありません。
森岡さんというUSJを復活させた日本で1番有名といっても過言ではない
マーケッター(マーケの専門家)の言葉です。



で、この「会社と結婚するな。職能と結婚せよ」という言葉ですが、
もっとわかりやすく言い換えますと

これからはどの会社で働くかよりも
どんなスキルを身につけ仕事をするかの方が大事だということです。

そして今後は
給料は年齢に応じて支払われるのではなくて、
スキルに応じて支払われるのが当たり前になります。



どうしてこのように言い切れるのかは
年功序列、終身雇用という日本の高度経済成長を支えてきた制度が
もう最近では成り立たなくなり始めたからです。



なぜこうなってしまったのか?

昔は人口も増加して内需がどんどん増えていくという仮定があったからこそ
年功序列、終身雇用の制度はうまく機能していたのですが、
今は違います。

少子高齢化社会などとニュースでも頻繁に取りざたされていますが、
これからの労働人口は減っていき、国内の需要も縮小していきます。



しかし年功序列のままでは必然的に働く人の平均年齢も上昇するので、
人件費も高騰していきます。

そのような状態になってくると年齢という基準で給料を決めていては
行けないだろうという考え方が出てくるのは自然です。



こうして年齢ではなくてスキルや実力に応じて
給料が支払われるのが当たり前になります。

終身雇用に関しては今や1つの会社が40年続く事すら危うい時代です。

転職するということが今や当たり前になっていき、
そしてこれからは複業という選択肢も普通になっていくでしょう。



働き方が今後多様化していく中で、
どの会社に勤めるかというのは1つの手段であり
1番重要になってくるのはどのスキルを身につけ仕事をしていくかです。



どの会社で働こうが自分にとって武器になるスキルを身につければ、
あらゆる状況に対応できるのが今の社会です。

よくどの会社が潰れないか?ブラックか?ホワイトか?などという基準で
会社選びを考える方が多いですが、
そもそも自分が会社にちゃんと価値を提供できなければ
必要とされなかったり待遇が悪くなったりしてしまいます。(価値を感じてもらえない)



逆に言ってしまえば、ちゃんと武器になるスキルを身につければ、
自分で仕事をつくれたり、会社がポジションを用意するのではなく
新たなポジションを生み出すことができたりします。

仕事の選択肢が増えて可能性が大きく広がっていきます。



で、弊社はその武器になるスキルの1つとして
ウェブマーケティングを学ぶべきです!ということを提案しています。

ウェブ系の仕事はとにかく今人材不足です。
エンジニアもそうですが、

マーケッターに関してはまだそもそもの領域が広かったり、
まだウェブが苦手な業界も多いことからこれから需要が増えていくのは間違いないです。



よくあるのがツールを導入しようとしても
そのツールを運用できる人間がいなくて機会損失が起きてしまうケース。

これはツールを販売する側も導入する側にとっても
もったいないことです。



そして弊社はいわゆる第二新卒と呼ばれる
比較的若い人材の方の育成をしてるのですが、
弊社から転職したいという方は力を持て余してる方が非常に多いですね。

実際に研修で教えていますと、ものすごく吸収が早くて
飲み込みも早く仕事できるんだろうなという人がいたりしますが
現職は事務をやっていて退屈でしんどいですという人がいたりします。

ただ本人たちはそんな自分が優秀だという自覚もなく、
本当に生まれて初めて言われました!という人が多いです。



まさに逸材になれるポテンシャルがある人は世の中ごまんといるんだろうなと思う次第です。



安定を求めてお堅い職業とか大手の老舗の会社とか考える方も多いですが、
実際入ってみると仕事のストレスが多かったり実は安泰じゃない、
周りの人と全く価値観が自分には合わないとか問題が出てきます。



会社に安定を求めるという発想をしてる時点で、
少し会社に依存といいますか人生を委ね過ぎてる気がします。

それだと人生の主導権は会社の判断がカギを握ることになり
自分で人生の可能性をどんどんどんどんすり減らしていくことになります。



それなのに給料上げろ!休み増やせ!残業やめろ!というのはもちろん
会社のシステムが悪い場合もあるのですが、
そういう環境を選んでしまった自分にも少し責任を感じるべきかと思います。

少々厳しく聞こえるかもしれませんが、
ちゃんと実力をつけて自分の市場価値を高くすれば
よりいい企業に入れるような道筋はちゃんと作られています。



会社を自分の思い通りに動かすのは非常に難しいです。
無理なものだと思った方がいいでしょう。



だから現実を変えるためには会社を変えるのではなく
自分を変えるのが手っ取り早く済みます。



私はよく学生で起業してるというとよくもそんなリスクが取れたとか、
勇気を振り絞ってチャレンジできるのがすごいですねとか
言われる機会が多いのですが全然違います。

私も安定を求めてそういう決断したんです。
根っからのビビリですよ私も。



将来自分の人生を自分で決めていくためにはどうすればいいか?
考えた時に自分で実力をつけなければその資格はないと直感的に思い
将来の安定を求めて他人とはちょっと違うことをしました。

よくよく考えればこれも実はマーケ思考ですね。



将来の安定という目的のために
他の学生は大手の銀行やらコンサルやら志望しがちだけど、
それだと頭いい奴ゴロゴロいてどうせ埋もれるわと思ったので争いから避けました。

ペイパルマフィアのピーターティール大先生もおっしゃってますね。
競争するなって。



他の人が立ち寄らない選択肢かつ社会に価値を与えられるスキルで
ポジショニングとって自分に希少性と有益性の価値をどんどんつける。

当時はそこまで明確に確信はなかったけど、
その戦略でやろうとはしてたと思います。



いわゆる逆張り思考とも言いますが、
常識とか当たり前とか先入観とかで大勢の流れのままに動くと
正解のように見えて実はそうでもなかったりします。

確かに道を外れると不安になりますし、周りと同じようなことをすると安心はします。



ただそれも一時的なもので短期的な目線でしかありません。
長期の目線で見たら安心だと思っていたことが超大きなリスクとなり
危険だと思っていたことが実は全然大したことなかったりするものです。



今日は会社と結婚しないで職能と結婚せよという話でしたが、
一見にわかには受け入れがたい新しい考え方に聞こえます。

弊社もウェブマーケで実力つけて転職しようとはいっても、
多くの人はまだウェブマーケ?そんなに重要?っていう人に捉えられることが多いです。



私も数年前まで同じ立場だったので気持ちはわかります。



ただこういう今の時代とは少しずれているような考え方が
数年後にはスタンダードになり先乗りしてた人は先行者利益で楽できます。

当たり前の考え方になってからでは少し乗り遅れてしまいますから、
違和感を少し感じても拒絶せずに否定せずに信じて見てとりあえずやってみることがオススメです。



というわけで今日はスキルをつけることが大事だという話でした。
ありがとうございました。

この記事を書いたプロ

酒井翔平

マーケティングに強い人材を育成・転職支援する専門家

酒井翔平(株式会社逸材は君だ)

Share
関連するコラム

コラムのテーマ一覧

酒井翔平プロのコンテンツ