マイベストプロ東京
乾利之

技術とビジネスとの両面から経営をサポートする弁理士

乾利之(いぬいとしゆき)

IPNJ 国際特許事務所

プロフィール

乾利之プロの写真

乾利之プロの一番の強み

技術×ビジネス×知的財産で企業の急成長を実現

技術経営のプロフェッショナル学位であるMOTをもつ弁理士。知的財産の経営面における活用を提案。知財、ブランドや技術等の複数面から企業の急成長を支援します。IoTビジネスコンサルタントとしても活動中。

経歴

○学 歴

1994年 3月 明治大学理工学部 精密工学科 卒業

2014年 9月 東京工業大学大学院、イノベーションマネジメント研究科 技術経営専攻 修了

○職 歴

1994年 4月 大手食品会社 生産技術部 技術開発企画室 特許グループ

2004年 1月 大手総合部品・電子機器会社 法務知財本部 機器知財部

2005年 7月 大手特許事務所 機械・電気・IT統括担当 パートナー弁理士

2012年 9月 IPNJ 国際特許事務所 設立

2011年 4月~ 2013年 3月 弁理士会 常議員

2018年 4月~ 裁判所専門委員(知的財産高等裁判所、東京地方裁判所、大阪地方裁判所)

実績

○資格・学位

弁理士(特定侵害訴訟代理業付記)

行政書士(申請取次行政書士)

技術経営修士(MOT)、学士(工学)

 

○所属団体・外部活動

・弁理士会(2007年~)

  ・役 員:常議員(2011年度~2012年度)

  ・委員会:知的財産価値評価推進センター(2008年度~2011年度)

      技術標準化委員会(2011年度~2012年度)

  ・相談員:常設知的財産相談室 相談員(2015年度~2017年度)

  ・表 彰:弁理士会特別功労表彰(2013年)

・裁判所専門委員(知的財産高等裁判所、東京地方裁判所、大阪地方裁判所)(2018年度~)

・東京都行政書士会

・日本知財学会(2013年~)

  ・ビジネスと知的資産・知財法研究分科会

  ・知財会計・経営分科会

  ・デザイン・ブランド戦略分科会

  ・アセアン・インド分科会

  ・大学発イノベーション分科会

・PICMET(2016年)

・日本MOT学会(2013年~)

・日本マーケティング学会(2015年~)

・産学連携学会(2015年~)

・JAFBIC(1999年、2015年~)

  ・特許委員会(1999年、2015年~) 

  ・商標委員会(2015年~):商標実務研究部会 講義担当 幹事(2017年度)

・日本商標協会(2015年~)

  ・ブランドマネジメント委員会(2015年~)

  ・実務検討部会(2015年~)

  ・商標情報部会(2015年~)

・JBMIA 知的財産委員会 パラメータ特許WG(2004年)

・知的財産権研究所

  ・IIP知財塾(2012~2013年)

  ・「医薬発明の保護と国民の生命・健康の維持に関する国内法的および国際法的諸問題 について」研究会(2015年~2016年)

・東京工業大学大学院 田中研究室(2012年~2014年)

・農林水産知的財産保護コンソーシアム(2014年~)

・超3D造形ものづくりネットワーク(2015年~)

・東京商工会議所

・東京都IoT研究会(2018年~)

・IoT推進コンソーシアム(2018年~)

 

〇登録専門家

・中小企業・小規模事業者ワンストップ総合支援事業 登録専門家(2014~2018年)

・独立行政法人中小企業基盤整備機構 企業連携支援アドバイザー(2015~2016年)

・公益財団法人埼玉県産業振興公社 登録専門家(2014~2016年)

・公益財団法人さいたま市産業創造財団 登録専門家(2014年~)

・公益財団法人川崎市産業振興財団 登録専門家(2014~2016年)

・公益財産法人千葉市産業振興財団 登録専門家(2014年~)

・経済産業省発ドリームゲート登録アドバイザー(2015年~)

・マイベストプロ東京登録専門家(2015年~)

 

〇研修講師・講演・発表

・企業内研修の外部講師:多数

  知財制度、発明発掘、知財実務、係争関係、知財経営等

  クレーム作成・明細書作成のポイント、中間処理等

  ビジネス特許、IoT関連特許等

  ブランド、ネーミング、商標実務関連等

  外国知財関連:アセアン知財状況等

・知財関連団体での講演・講義

 ・日本商標協会 ブランドマネジメント委員会

  「企業活動において示唆的な商標と独創的な商標とではどちらが有益か?」

 ・JAFBIC 商標実務検討部会

  「商標の概要および識別力について」

  「商標の類似について」

  「指定商品・役務について」

  「商標の使用について」

 ・日本技術士会 知財コンサルティングセンター

  「IoTと知的財産」

 ・その他:知財関連研究会・勉強会での講演・発表:多数

  ・知財情報を利用した知財・事業戦略等

  ・特許関連(IoT関連等)

  ・商標関連(ネーミング、事業分析、新商品予想方法等)

  ・外国関連(アセアン市場・知財状況等)

・創業・経営セミナー

 ・ドリームゲート:「知的資産活用セミナー」

・大学(研究室):特許情報の利用、特許検索方法、アセアン知財状況等

○書籍

・「IoT/AIの活用は製造業に革新をもたらすか?製造現場・工場におけるIoTの利用と可能性」

  共同執筆(担当:IoT時代の知財戦略),株式会社 情報機構(2018年1月 発刊)

・アセアン関連(共著、執筆中、近日発売予定)

○学会・論文

・乾利之,櫻田賢. 食品分野と競合する領域における知財戦略に関する考察,月刊パテント 2018年3月号,P15-28,2018

・乾利之,アセアンにおいてどの国にどのような出願をすべきなのか?,日本知財学会誌第14巻第2号

・乾利之,田中義敏.IoTの分散処理化における権利保護に関する一考察,日本知財学会第15回年次学術研究発表会,2017

・乾利之,田中義敏.IoT関連発明の保護に関する一考察~IT関連発明の保護における課題を参考に~,日本知財学会第14回年次学術研究発表会,2016

・Toshiyuki Inui, Yoshitoshi Tanaka, "How can we predict the new products and services by using the trademark information and the patent information?", Portland International Center for Management of Engineering and Technology (PICMET) 2016 Proceeding, pp. 1478-1486, 2016 <国際会議フルペーパー査読付き>発表風景

・Yoshitoshi Tanaka, Toshiyuki Inui, "Preliminary study on why university researchers do not utilize patent information for their academic research in the field of science and engineering in Japan", Portland International Center for Management of Engineering and Technology (PICMET) 2016 Proceeding, pp. 1610-1618, 2016 <国際会議フルペーパー査読付き>

・乾利之,田中義敏.企業活動において示唆的な商標と独創的な商標とではどちらが有益か?,日本知財学会第13回年次学術研究発表会,2015

・乾利之,田中義敏.商標情報を利用した事業分析に関する考察,日本MOT学会第6回年次研究発表会,2015

・乾利之,田中義敏.商標情報および特許情報を利用した新商品予測に関する考察,日本知財学会第12回年次学術研究発表会,2014

・乾利之,北脇仁史,小室太一,宮久保博幸. 知財リスクの予見性向上を軸とした特許制度改善の提案. 特技懇 273号. ,2014

・乾利之,北脇仁史,小室太一,宮久保博幸. 知財リスクの予見性向上を軸とした特許制度改善の提案. 一般財団法人知的財産研究所 IIP知財塾第6期

DATA

氏名
乾利之(いぬいとしゆき)
事務所名
IPNJ 国際特許事務所
事業内容
〇知的財産:ビジネスにおける攻め・守りの双方に必須です。貴社成長のカギになります。
・特許出願:新商品・サービスに関する発明を権利化するための出願
・商標出願:会社名(設立時)、商品・サービス名を保護するための出願
・係争回避:新商品発売時に他社特許権・商標権を侵害していないかの検討 等
・係争対応:警告状が届いた場合の対応、権利侵害性の鑑定、特許侵害訴訟 等
・各種調査:特許や商標に関する調査、技術動向の調査、競合他社の調査 等
・各種契約:秘密保持契約、ライセンス契約 等

〇コンサルティング:技術・サービスを経営資源に翻訳→高収益化・企業価値向上を支援いたします。
・知的資産経営支援:独自の強みを活用した差別化・高収益化の達成支援 等
・技術経営支援:技術と経営との連携支援、イノベーション創出の支援 等
・新規事業戦略立案・実施支援:差別化・高収益化を狙う新規事業検討、新規事業戦略立案・実施支援 等
・新商品・サービス創出支援:独自の新商品・サービス創出の支援、アイディア出し 等
・資金獲得(融資、補助金)支援:資金獲得に関し「この技術の良さを理解してもらえない」という悩みを持つ企業の支援(他の専門家と連携) 等

○IoTビジネスコンサルティング
・IoTシステム事例研究
・特許情報からみるIoTシステム最前線
・IoTビジネス構築支援
・IoTビジネスの知財による保護サポート

〇その他ビジネス支援:ビジネスの円滑な進展を支援いたします。
・会社設立支援(他の専門家と連携)
・在留許可関連(対象:主に法人業務)
・動産抵当権関連
・研修・セミナー:知的財産全般、特許実務、商標実務、知的資産経営、技術経営、ネーミング関連 等

★顧問:継続的に相談・アドバイス・戦略立案等していくことで効率・精度が向上し、また、互いの信頼も醸成していきます。1段階上のサポートができるようになります。是非、ご検討ください。

<専門家の方へ(連携)>
★知財・技術関係でお困りの際には、お気軽にご連絡ください。資金獲得、事業計画立案等において、技術サイド、知財面でのサポートが必要な際には、お気軽にご連絡ください。

<出版・メディアの方へ>
★出版、インタビュー、調査等のご依頼は適宜お受けしております。お気軽にお問い合わせください。テーマにつきましては、当方でも検討しておりますが、ご希望のテーマがございましたらご遠慮なくお申し出ください。

<各種団体の方へ>
★各種調査研究事業の委員、セミナー・研修等ご依頼は適宜受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

<研修・セミナーをご希望の方へ>
★一般的なテーマから独自に希望されるテーマまで、柔軟に対応しております。お気軽にお問い合わせください。


IPNJ 国際特許事務所
電話番号: 03-5309-2970 / FAX: 03-5309-2971
http://www.ipnj.jp/
取扱分野
〇大手企業向け:特許出願、係争系業務、研修・セミナー 等
〇中小・ベンチャー企業向け:特許・商標出願、知的資産経営支援、新規事業戦略支援、新商品・サービス創出支援、資金獲得支援、研修・セミナー 等
○起業時:商標調査・出願(会社名の商標調査・出願)、ネーミングサービス、ビジネス戦略 等
特徴
急成長のカギは知的財産です。知的財産を考えるということは、技術とビジネスとを考えるということ、更には経営を考えるということです。経営に知的財産を活用できたとき、企業は急成長することができます。企業価値の爆発的な上昇も期待できます。

当事務所は、知的財産と技術経営とに精通した弁理士が、技術・ビジネスの両面から経営をサポートし、技術系・IT系企業の急成長を支援いたします。
職種
弁理士
行政書士
技術経営コンサルタント
IoTビジネスコンサルタント
住所
〒151-0053
東京都 渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー325号室
電話
03-5309-2970
営業時間
9:30~17:30(面談は20:00まで可、要予約)
定休日
土、日曜、祝日
ホームページ
http://www.ipnj.jp/
ネーミングサービス
”独自メソッド戦略TMing法による戦略的なネーミング”

 弊所は、商標情報と企業業績情報等とを分析・研究することにより、独自のネーミングメソッド"戦略TMing"法を創出しております。
 ”戦略TMing”法は、これまでのネーミングのようにイメージで商品名・ブランド名を案出するのではなく、商標情報の分析、商標情報と企業業績との関係や、商標タイプと宣伝広告費との関係等を分析した研究結果に基づいたメソッドです。
 戦略的なネーミングでクライアント様のネーミング活動やブランド活動をサポートいたします。

 詳しくは、こちらから
http://www.ipnj.jp/%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%86%85%E5%AE%B9/%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/
IoTビジネスコンサルティング
IoTは最重要の経営課題です!

どの分野の企業も多かれ少なかれIoTに関係することになります。
IoTへの対応が遅くなると、競合企業との競争において相当不利になります。
まずは、自社の事業分野におけるIoTシステムについて勉強+ビジネス案を構築してみましょう!

弊所では、セミナー、ビジネスアイディア出し、ビジネス構築支援等、柔軟にサポートいたします。
お気軽にご連絡ください。
https://www.ipnj.jp/%EF%BD%89o%EF%BD%94%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C/
起業時の商標調査・出願!
会社名、決める前に商標調査・出願を!

その会社名 HPに書けないかもしれません。

商標調査・出願はお済でしょうか?

会社名、もしかすると、HPやカタログに書けないかもしれません。会社名と同一・類似する商標が既に登録されている場合、HP、カタログや名刺に会社名が使えない場合があります。商標権侵害になってしまう場合があるのです。

会社設立時に調査するのは商号だけですので、商標を忘れてしまう場合が多いのですが、ビジネスで重要なのは、実は商標なのです。想いを込めて考えた会社名やサービス名、使えないどころか商標権侵害となってしまう可能性があります。ビジネスの各段階、特にスタートの段階でキッチリと対応しておく必要があるのです。まずは、お気軽にお問い合わせください!

★簡易調査無料(初回限定):会社名を簡易調査

★詳細商標調査(会社名使用の可否、商標登録性の調査)

★商標登録出願

★ネーミングサービス

★商標に関する各種アドバイス

★商標のプチ講義orテキスト付き!:出願をご依頼の方(初回限定)これを機会に商標を理解してブランド戦略を実践!

お気軽にご連絡ください! 詳しくは、こちらへ
https://www.ipnj.jp/%E5%95%86-%E6%A8%99/
Share