マイベストプロ東京
稲葉陽介

大人になっても役に立つ「学び方」を小中学生に教える専門家

稲葉陽介(いなばようすけ) / 塾講師

稲塾

お電話での
お問い合わせ
080-5990-1153

コラム

大人が誘導する成績が上がらない学習とは?

2021年11月16日

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 高校受験 勉強法勉強法 おすすめ受験勉強 モチベーション

定期テストの対策がひと段落しましたので久々にコラムを更新いたします。


東京都の公立中学校では今週定期テストが実施されるところが多いのではないでしょうか?コロナ禍による休校に加え、教科書の改定。今年は例年以上に大変な一年のように思います。もしかすると学生さんよりも教える側の先生方の方が大変な思いをしているのかも…
学校での指導方法でも変化が求められています。グループワーク、プレゼンテーションが増えています。
グループワークでは「答えのある問題」を解説無しで終わりにしてしまったり、プレゼンテーションは原稿無しの発表という単なる暗記大会になってしまっていたり、まだまだ改善の余地が残っているようです。
そんな中でいまだに平家物語の序文を意味もよく理解せずに丸暗記、暗唱という課題は続いているようです。諸行無常というフレーズが皮肉に響き渡りますね。この課題が続く限り日本の学校教育に変化は訪れないのでは??



本題ですが、学習方法に関するお話です。
大人が誤った学習方法を学生さんに教え込んでしまっているのでは…?


私の塾のテスト対策では自己調整型の学習を進めています。学生さんたちの学習方法をみていると、PDCAサイクルのDしかできていない子が多いように思います。ひたすらに与えられた問題を解いているだけです。何の狙いがあって問題を解いているのか、間違えた問題の理由を考え、どうすればできるようになるのか…この点のプロセスが非常に弱いように感じます。

つまり「丸つけ、直し」に対する意識が非常に弱いのです。
大体の学生さんは放っておくといつまでたっても丸つけしません。


丸つけや直しは「めんどくさい」ようで、これはワークをやる目的が力をつけることではなく埋めて提出することになっているからだと思います。ズル防止のために解答を先生が預かっている学校も珍しくありません。生徒さんが自分で丸つけをして直しをする作業の重要性を認識していないのです。答えを見ることはズルイことなのでしょうか??小中学校ではカンニングという名前のもとで封印されていますが、分からない問題の答えを見ることは本当に悪いことでしょうか?

私はそうは思いません。

分からない問題の答えを見て理由を考える。正しい学習方法だと思います。こんな話をすると、「それは勉強が出来る子しか出来ない」みたいに言われてしまいますが、勉強が苦手な子に学習方法の練習をさせないといつまでたっても出来るようになりません。この学習方法は読解力アップというおまけもつきます。大切なのは訓練です。その機会を解答集ごと奪ってはいけません。



そもそも解答集を使わない学習は効率が悪いです。
学校では勉強が得意な子から苦手な子まで一律で同じ課題が出されます。それを真面目に、言い方を悪くいうと何も考えずに1から10まで自力でやっていくのは非効率です。自分のレベルから考えて簡単な問題、難しすぎる問題は解答を写して提出でもいいのではないでしょうか?そのためには自己評価が正しく出来ないといけないのですが、このお話はまた別の機会に。



問題演習、丸つけ、直しは1セットです。
分からない問題を一生懸命、粘り強く考えてほしいのですが、分からない問題に勇敢に立ち向かうのはかなりレベルが高くないと出来ません。大体の子は考えることを放棄して、集中力を切らして、最終的に大人に怒られて終わりという負の輪廻に陥ります。大人は子どもの対する猜疑心を強め、子どもは勉強が嫌いになっていく。お互いにとっていいことはありません。たぶん集中力が無いというより、課題のレベルが合っていないのが問題なのでしょう。それでも提出物で出さなければいけないのであれば他の方法を提示する方がいいと思います。


「丸つけ、解き直し」の方法も鍛えていくべき学習力の一つです。
・解答を見ることはズルイことでもなんでも無い。というか、答えが無いと勉強にならない。
・解答を見て丸つけ、直しをする力を鍛える
・相手にする問題、相手にしない問題を選別する

解答を活用した学習方法を身につけましょう!

この記事を書いたプロ

稲葉陽介

大人になっても役に立つ「学び方」を小中学生に教える専門家

稲葉陽介(稲塾)

Share

コラムのテーマ一覧

稲葉陽介プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-5990-1153

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

稲葉陽介

稲塾

担当稲葉陽介(いなばようすけ)

地図・アクセス

稲葉陽介プロのコンテンツ