マイベストプロ東京
宮内博

美的感覚にすぐれたリフォームで暮らしを豊かにする建築士

宮内博(みやうちひろし)

株式会社ハウスプラン

コラム

長屋(連棟)リノベーションリフォーム

2017年1月25日 公開 / 2017年2月14日更新

テーマ:リフォーム工事

長屋のリフォーム工事が始まります。築後80年が過ぎていますが、長屋のため本格的なリフォームはされていません。今回のリフォームは基礎補強、構造補強、断熱工事、屋根葺き替え工事です。また限られたスぺースを有効利用し、快適な生活空間を作ります。





長屋は隣家と壁で仕切られています。古い建物は壁も薄く、遮音も不足しています。また断熱材もなく、冬場は冷え込みます。また間口が狭く、奥行きが長いため採光も不足します。



長屋の工事はたびたび経験していますが、おおむね構造から直しています。永く使うために悪い箇所はすべて直します。中には切り離し工事をした物件もあります。



施工中の現場をご案内、ご説明します。長屋、連棟の住宅、狭小住宅にお住まいでしたら参考にご覧ください。

ホームページ http://www.houseplan.ne.jp/

見学申込はメール、または電話でお願いします。
メール info@houseplan.ne.jp  電話 03-6906-7634

この記事を書いたプロ

宮内博

美的感覚にすぐれたリフォームで暮らしを豊かにする建築士

宮内博(株式会社ハウスプラン)

Share
関連するコラム