マイベストプロ東京
宮内博

美的感覚にすぐれたリフォームで暮らしを豊かにする建築士

宮内博(みやうちひろし)

株式会社ハウスプラン

コラム

元気になるリフォーム 新しいライフスタイル

2016年4月7日 公開 / 2016年4月8日更新

テーマ:リフォーム工事

家のリフォーム、「家を工事して直すこと」と思われるかもしれません。
でもリフォーム工事は住んでいる人のためにする工事です。
お客様も変化を求めてリフォームを決断します。

リフォームといっても巾が広く、部屋の模様替えからリノベーションリフォームまであります。リフォームプランに決まった形はなく、あくまでお客さまに合ったプランを検討します。お客様は何を望まれているのだろうと考えます。ご要望はもちろん伺います。そのうえで完成したスタイルを考えます。

お客様が住むのに最適と思う形、プランをご説明いたします。完成した住まいの中で、ご主人さま、奥さまがどう写るか、またご家族が暮らす様子を思い浮かべます。長く住む住まいが自然に住む人に馴染むように空間を作ります。

お客様にはご説明しませんが、隠れた提案をすることがあります。お客様も毎日を忙しく生活していますと、環境に慣れて新しい発見がなくなります。リフォームをとうして新しい生活、発見をしていただくのです。



住まいは住む人のため、人と一体になって初めて生活の場となっていきます。リフォーム前の「くつろぎ」とリフォーム後の「くつろぎ」は全く違います。リフォームがもたらす変化です。でも、もっと大きな変化はお客様の気持ちの変化です。

住まいがきれいになると、家具、インテリアの小物にも気を使います。お客様も増えてきます。リフォームによる変化が生活の変化を促すのです。質感のある生活がゆとりを生み、住まいと生活が馴染み合い、お客様のライフスタイルの変化とゆうゴールにたどり着きます。リフォームを通じて新しい生活を楽しみ、今までに無い新しさに関心が向いていきます。

この記事を書いたプロ

宮内博

美的感覚にすぐれたリフォームで暮らしを豊かにする建築士

宮内博(株式会社ハウスプラン)

Share
関連するコラム