まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
堀内正優

価値あるネーミングやデザインを商標・意匠で守る弁理士

堀内正優(ほりうちただまさ)

サウストウキョウ特許事務所

お電話での
お問い合わせ
03-3727-1651

コラム

商標登録におけるデザインの役割と注意点

商標登録の訴訟事例と業界事例

2016年1月28日 / 2016年5月12日更新

大田区 商標登録
現代では、デザイナーが図案化した商標が一般的で、文字にデザインを施したロゴマーク、図形にデザインを施したロゴマークなどがよく使われています。
ここでは、商標登録におけるデザインの役割と注意点を紹介します。

商標登録におけるデザインの種類について

商標登録の対象となるものには、文字をはじめ、図形、記号、立体があります。役務(サービス)や商品の名称、会社の名前(商号)は、文字商標と呼ばれます。

例えば、文字商標には、パナソニックやウォークマンなどがあります。

イラスト化されたロゴが対象となるのが図形商標です。
図形商標には、ゆるキャラのくまモンやふなっしーなどがあります。

記号商標には屋号や紋章など、立体商標には立体造形物が該当します。

ケンタッキーフライドチキンの店舗の前に立っているカーネル・サンダースのフィギュアは立体商標に該当します。

ご紹介した文字、図形、記号、立体の商標を組み合わせたものを組み合わせ商標と呼び、組み合わせにすることで、類似を回避したりする目的があります。

商標登録におけるロゴデザインの重要性について

商標におけるデザインの役割は、商標を見た人に良いイメージを与えることです。そして、どこにも使われていない独創的で質の高いデザインを施すことが必要です。

例えば、企業の活動をシンボル化したロゴマークは、企業が重視する価値観やイメージを連想させるものです。
ロゴマークを一新することで、企業のイメージアップさせることを、マーケティングの世界ではブランディングといいます。
逆を言えば、ロゴマークの出来栄えによって企業イメージが左右されるので、慎重に決定しなければなりません。

商標登録における事前調査の重要性について

企業のロゴマークなどが他の企業などのロゴマークと似通っていては、企業イメージを損なうことになりかねません。
商標登録しようとする企業のロゴマークなどを出願する前に、事前調査しなければなりません。

事前調査によって、商標登録しようとする企業のロゴマークと同一もしくは似通ったロゴマークを調べます。

出願したロゴマークが登録できるかどうかは、この事前調査にかかっているといってもいいくらいで、弁理士に依頼してでもしっかり行わなければなりません。

事前調査にかかる費用は10,000~20,000円が相場ですが、この程度の金額で後々発生する諸問題を回避できるなら安いと思います。

個人で事前調査を行うのであれば、特許庁の特許情報プラットフォーム(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage)で検索してください。


主な業界の商標登録の流れ

店名・屋号の商標登録と注意点
居酒屋さんのための商標登録
パン屋さんのための商標登録
音楽レーベルの商標登録
化粧品業界の商標登録

この記事を書いたプロ

堀内正優

堀内正優(ほりうちただまさ)

堀内正優プロのその他のコンテンツ

Share

堀内正優プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3727-1651

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

堀内正優

サウストウキョウ特許事務所

担当堀内正優(ほりうちただまさ)

地図・アクセス

堀内正優プロのその他のコンテンツ