マイベストプロ東京
小椋利文

住まいの相談の本質を見抜き、解決するコンサルタント

小椋利文(おぐらとしふみ)

一般社団法人住まい・カウンセリング協議会

プロフィール

小椋利文プロの写真

小椋利文プロの一番の強み

住まいの問題に相談者の心に寄り添い最適な解決を提供

住まいの問題の解決には「心への理解が必要」という考え方から、住まいに関する相談にカウンセリングの基本理念を取り入れ、アプローチの方法を構築。悩み、困りごとの本質に迫りながら問題を解決する。

経歴

(株)久米建築事務所(現(株)久米設計)で建築の意匠設計に携わる。その後、公益財団法人住宅リフォーム紛争処理支援センターに勤務。年間3万件というリフォームに関わる不安、悩みに対応する相談業務に従事してきた。2017年、独立。一般社団法人住まい・カウンセリング協議会の代表理事となる。

実績

これまでメール相談、面談相談など百数十件を手掛ける。また、訴訟案件や紛争案件における現地調査や意見書の作成、専門検査機関を活用した不具合の原因調査などを実施。大学での講義、消費者団体等のセミナー講師、シックハウスや高齢者の住宅改修に関する執筆などを手掛けている。

DATA

氏名
小椋利文(おぐらとしふみ)
会社名
一般社団法人住まい・カウンセリング協議会
取扱分野
■ 住まいの困りごとを解決する相談窓口の運営
□ 住まいの不安や心配をとりのぞく
・「雨漏りなどの不具合や欠陥に起因するもやもやを解決したい」
・「地震や災害のときに大丈夫か調べたい」
・「住まいの維持・管理について、最適な方法を知りたい」など、住まいの不安や心配の解消。

□ 心安らかな暮らしのための住まいづくり
・「家族の会話がはずむ住まいにしたい」
・「子どもがすくすく伸びる家をつくりたい」
・「すっきりと片付き、家事の楽なくらしがほしい」
・「最適な事業者を選び、安心なリフォームを進めたい」など、理想の住まいづくりのお手伝い。

他に訴訟案件における調査・意見書の作成、リフォーム等の契約前の内容や契約図書のチェックなど。

最適な問題解決への方策を立案するとともに、建築家やインテリア・デザイナー、コミュニケーションやカウンセリングの専門家、片付け・家事支援のプロフェッショナル、ビルダー、リフォーム事業者、調査機関など、必要に応じその分野の専門家を派遣・紹介。

■ 研究と研修
・相談者の心に寄り添い、問題解決のための適切なアセスメントができるよう、また担当者間の共通の価値観を醸成するため、心理カウンセリングをはじめ、必要となる専門分野の研修を継続的に実施。建築や住宅相談において経験5年以上の建築士に対し、研修を実施し「カウンセリング・アーキテクト」として認定
・これからの住まいのあり方を、ひとの「こころ」と「くらし」から考える研究会・セミナーを実施。脳科学や心理学など関連する分野の第一人者による科学的エビデンスや実務経験に基づいたレクチャー等を通して、こころ豊かなくらしの実現にコミットする試み。
特徴
カウンセリングの知見を持つ建築士やデザイナー、ビルダー、リフォーム事業者、雨漏りやカビなどの調査・相談機関、片付け・家事援助等の専門家、その他住まいの専門家とネットワークを形成し、あらゆる方面からクライアントに最適かつ費用対効果の最大となるソリューションを提供できる。
職種
コンサルタント
資格
 
住所
〒102-0074
東京都 千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5階KSフロア
電話
050-3595-2211
営業時間
10:00~17:00(初回の相談は、ホームページからメールでのみ受け付けています)
定休日
土曜日・日曜日・祝祭日
ホームページ
https://home-counselling.net/
Share

小椋利文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
050-3595-2211

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

小椋利文

一般社団法人住まい・カウンセリング協議会

担当小椋利文(おぐらとしふみ)

地図・アクセス

小椋利文プロのコンテンツ