まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
浜田純子

〝気付き〟によって自発的行動へ導く接遇マナー講師

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

コラム

【多様な働き方】無期転換ルール…平成30年4月1日を前に~

人事・労務

2017年9月12日 / 2017年9月21日更新

人材育成コンサルタント&社労士の浜田純子です。


労働契約法で、
期間の定めのある契約(有期雇用契約)を結んでいる従業員の無期転換ルールが施行されて
もうすぐ5年になります。

平成30年4月1日以降は、
対象者が無期雇用契約を希望した場合には、
無期雇用へと転換させなければならなくなります。

無期雇用、つまり期間の定めのない雇用契約の締結が義務付けられているだけで
労働条件を変えることまでは要求されていませんが
無期転換に関して、定めるべきことはきちんと就業規則に定めておかなければなりません。
たとえば、無機転換した従業員の定年なども然りです。

パートタイマーなど、有期雇用の従業員を多く雇用していらっしゃる企業様は
早めに、自社の方向性を定め、
それに伴うルールや制度の整備をなさることをお勧めいたします。


また、たとえば育児や介護を行いながら働き続けることを可能にするために
多様な働き方を導入する企業が増えており、その管理は非常に複雑化しています。

たとえば、勤務時間の短い正社員や、職務が限定された正社員、
あるいは転勤できない人に対して勤務場所を限定した正社員などの導入です。
無期転換と絡めて、新たな働き方を取り入れることで、人材活用の幅が広がります。


社労士事務所を開業以来12年目になりますが、時代の流れを感じます。


新しいことばかりで、面倒で不安だとおっしゃる方もいらっしゃいますが
これを良いチャンスととらえて、
今一度社内の労務管理を振り返り、見直す機会にできるとよいですね。




※現在、無期転換ルールに関するお問い合わせ、ご依頼が非常に増えております。
ルールに関するご説明、ご相談、新規ルールの策定支援、就業規則への反映はもちろん
そこから派生する労務管理に幅広く対応しております。

お困りの方は、お気軽にお問い合わせくださいませ。


モアグロウ労務管理事務所のホームページはこちら!
モアグロウ労務管理事務所




※「人事・労務」に関するコラムはこちら
【就業規則】就業規則を作る理由
【就業規則】就業規則を作った後に大切な3つのこと

***************************************************************
『意識改革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/


■ダイヤモンドオンラインに取材記事
    「おもてなしの源泉 接遇力のインパクト」連載中!
   →  http://diamond.jp/articles/-/47602
******************************************************************

この記事を書いたプロ

浜田純子

浜田純子(はまだじゅんこ)

浜田純子プロのその他のコンテンツ

Share

浜田純子プロのその他のコンテンツ