まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
浜田純子

〝気付き〟によって自発的行動へ導く接遇マナー講師

浜田純子(はまだじゅんこ)

株式会社モアグロウ

コラム

【講師養成】講師として大切にしていること・・・その2

講師養成

2014年11月26日 / 2017年6月21日更新

講師として、登壇するときに大切にしていること・・・過去のコラムでは「感性」を挙げました。

今回は、もっと基礎的な部分について、ちょっとしたコツをご紹介いたします。

まず、「興味を持ってもらえるか否か」が入り口段階として重要です。
そのためには、内容ももちろんのこと、講師そのものにも興味を持ってもらう工夫が必要です。
第一印象はさることながら、話し方にも気を配るとよいですね。

そして、面白そうだと興味を持ってもらえたとしましょう。
次に大切なのが、「わかりやすいかどうか」です。
わからなければ頭はだんだん拒否し、眠くなってしまいます。
逆に、伝えたいことをどのように扱っていくか、どんな進め方をするか、どんな話し方をするかなど
わかりやすい工夫がなされていれば、なるほどと共感をしていただけます。
なるほどと思っていただけるまで伝えられると、講師と受講者のベクトルが自然に同じ方向に向き
一体感を持って進めることが可能になります。

次に教育研修において次に必要なのが、「自分にもできると感じること」です。

わかったけれど、自分には無理だ、自分の職場では無理だ・・・という状態では困りものです。
セミナーや研修は、実践に結びついてこそ有効だからです。

特に企業内における社員教育においては、自分が望み選択して受講している場合は少なく
会社の方針として、仕事の一環として受講する場合が多いため
興味を持ち、真剣に聞いていただき、現場での実践につなげることは
目標達成のためにも欠かせません。

自分にもできそうと感じていただくことで、「やってみよう!」という気持ちが生まれます。

人は、「やれ!」と言われて渋々やっても、効果はあまり期待できません。
自らが「やってみよう!」と思える自主性のある行動こそ、実を結びます。

【興味を持つ → わかりやすい(なるほどと理解できる) → 自分にもできそうと思う → 自主的な実践】

これは、登壇する際のポリシーとして私自身がずっと実践してきていることです。
これを実践すると、セミナーや研修の途中で寝る人がほとんどいなくなりますよ!

「つまらないと思ったけれど、楽しかった」
「あっという間の1日だった」
「受講するのが憂鬱だったけど、受講できてよかった」
「明日から生かせそう」

こんな感想ばかりいただけて、濃厚な時間を過ごすことができたことに喜びを感じられるのも
講師としての醍醐味です。

講師自身がうまく話せたかどうか、あるいは滞りなく進められたかどうか…それも大切なのですが
伝えるべきことが受講者の皆さんの心に届き、実際にその人の実践につながるかどうか・・・
これこそ、講師として大切にしたいことです。


※「講師養成」に関するコラムはこちら!
【講師養成】講師として大切にしていること
【講師養成】相手を動かすために
【講師養成】講師に必要な「人を見る力」
【講師養成】講師としての喜び
******************************************************************
『意識変革から行動変革へ』
今までにない考えかたで社員のモチベーションを大きく向上させます!


■接遇マナー講師&社会保険労務士 浜田純子 へのお問い合わせはこちらから
   →  http://mbp-tokyo.com/growthlish/detail/


《株式会社モアグロウ》
 東京都千代田区麹町3-7-28-503
  TEL:03-6261-2327
  
■ホームページはこちらから
   →  http://www.moregrow.co.jp/service/

******************************************************************

この記事を書いたプロ

浜田純子

浜田純子(はまだじゅんこ)

浜田純子プロのその他のコンテンツ

Share

浜田純子プロのその他のコンテンツ