まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
横山晴美

住宅購入を通して家計相談にも乗るFP

横山晴美(よこやまはるみ)

ライフプラン応援事務所

コラム

保障が充実ってホント?無料の団体信用生命保険は使える?【後編】

住宅ローン×購入時

2017年12月6日 / 2018年9月11日更新

前編に引き続きインターネット銀行で登場してきている、無料の団信をご紹介します。

◇前編はコチラ

楽天銀行の「長期8疾病就業不能保障特約付団体信用生命保険」

名称が長く、どんな団信なの?と思われるかもしれませんが、一言でいうと、8つの疾病を無料で保障する団信です。

【3つの保障内容】
保障1 基本保障 「死亡・高度障害」
保障2 3大疾病「ガン(悪性新生物)・急性心筋梗塞・脳卒中」
保障3 5つの重度慢性疾患 「高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎臓病・肝硬変・慢性膵炎」

上記の保障が無料で付帯されます!
ただし、疾病によって直ちに住宅ローンの残債がゼロになるわけではない、ので注意が必要です。


【住宅ローンの残高がゼロになる場合】
該当の疾患により就業不能状態が1年を超えて継続した場合に、住宅ローンが完済となります。
つまり、病気になった後も1年間は住宅ローンの負担が継続します。

前述の住信SBIネット銀行の団信に近いですね。
ただ、保障範囲が住信SBIネット銀行よりも狭い分、据え置き期間の考え方は「全ての疾病に対して1年間」とシンプルです。

【楽天銀行「長期8疾病就業不能保障特約付団体信用生命保険」の特徴】
さらに楽天銀行の団信は「介護保障特約」と「夫婦連生型」特約を付帯できます。

それぞれ金利0.2%の上乗せですが、両方上乗せすることも可能です。
その場合の上乗せ金利は年0.4%となります。

全ての疾病をカバーしているわけではないですが、かなりの部分を網羅しています。
「介護」や「夫婦連生」など、足りないと感じる部分があれば上乗せも可能ですし 保障内容が分かりやすいのもポイントが高いです。

全疾病に対応しているわけではありませんが、無料の団信としてはかなり充実しているのではないでしょうか?

◇団信まで考慮した住宅ローンの選び方は住宅相談
◇団信の基本を知りたい方は住宅ローンの不安を軽減する「団体信用生命保険」について知ろうもどうぞ



じぶん銀行 がん50%保障団信


じぶん銀行の団信は割とシンプルです。

【特徴1 無料でも一定の]「がん特約」が】
通常の死亡・高度障害保障だけでなく、さらに2つの保障が無料で追加されています。
・余命6か月と診断された場合 住宅ローンの残高が「0」
・ガンと診断され場合 住宅ローンの残高が「半分」

【特徴2 団信発動要件・免責期間が分かりやすい】
がん保障に関しては、90日間の免責期間があります。なお、ガンと診断され住宅ローンの半額が保険金として支払われた後、ガンが完治しても、住宅ローンの負債が復活することはありません。

【特徴3 有料特約を付加することも可能】
がんと診断されたとき、住宅ローンの残すべての保険金が支払われる「がん100%保障団信」もあります。その場合は、金利が年0.2%上乗せされます。

無料のガン特約は、あくまで「半額」ではありますが、手厚いがん保険に加入しているならば、無料で「半額になる」特約も選択肢として有効かもしれません。

忘れてはいけない、ネット銀行の特徴


以上、前回の記事と合わせて3つの「無料団信」を紹介させていただきました。内容を知って使いこなせれば、大きな安心につながります。ただし、この3銀行はみなインターネット銀行です。

実はネット銀行は、審査が画一的で柔軟性がないと言われています。結果として、審査基準が厳しいとされています。そのため、「興味を持っても審査が通らない」「思ったよりも金利が高かった」という可能性もあるので注意しましょう。


無料の団信 まとめ


団信は住宅ローン返済の不安を和らげてくれる保険である一方、加入しすぎると返済の負担が重くなってしまう可能性もあります。奥の深い団信は「無料だからいい」というわけではありません。
内容を吟味して選択するひつようがありますね。



◇住宅ローンの返済が不安な方は、相談申し込みまでいつでもお待ちしております。


◇住宅購入や家計について幅広く相談するならパック料金の住宅相談
◇住宅ローンだけでなく、家計や保険についても相談したい場合はしあわせライフプラン相談

用途に合わせてお問い合わせください。

※本記事は、執筆当時の情報を元に作成されています。
※その後の情報更新は、随時しておりますが、完全ではないことをご了承ください。

執筆者 足立の家計&住宅相談 ライフプラン応援事務  代表

この記事を書いたプロ

横山晴美

横山晴美(よこやまはるみ)

横山晴美プロのその他のコンテンツ

Share

横山晴美プロのその他のコンテンツ