まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
藤城康二

歯列矯正3000人 患者さんの健康と笑顔を守る歯科医師

藤城康二(ふじしろやすじ)

藤城矯正歯科

お電話での
お問い合わせ
03-3481-0136

コラム

矯正治療によって歯が動く仕組みを知る/下北沢/藤城矯正歯科医院

2013年10月10日 / 2014年7月31日更新

矯正装置によって歯並びを美しくするのが歯列矯正ですが、
どういった原理で歯並びが改善されるのか?

固定され、いかにも硬そうな歯が移動するとは考えにくいかもしれませんが、
歯並びを矯正するには、歯の代謝機能を使って歯を動かします。

今回のコラムでは、矯正によって歯並びが改善されるまで、
歯がどんな原理でどういった動きをするのか、基本構造から紹介させて頂きます。

歯が動く仕組み


■ 歯の基本構造
歯茎の中には、「歯槽骨(しそうこつ)」と呼ばれる、歯を支える骨があります。歯槽骨と歯根の間にある繊維状の組織が「歯根膜(しこんまく)」と呼ばれ、歯にかかる衝撃をやわらげるクッションの働きをしています。



■ 歯が動き始める
矯正装置で歯に動かしたい方向へ力をかけると、歯根膜が伸縮します。弱い力をかけ続けると、引っ張られた部分に新しい骨が形成され、圧迫される部分は骨を壊していきます。



■ 歯の移動
新しい骨を作ったり、壊したりを繰り返すことで、歯は少しずつ動いていきます。歯を動かす際、圧迫痛(歯と歯が噛み合う際に生じる痛み)が出ることがあります。個人差はありますが、痛みが出たとしても、2~3日、長くとも1週間ほどで消えていきます。

歯の移動は人によってスピードも異なり、代謝によって新しく骨が作られるペースにも違いがあります。
また、歯が動く距離は1ヶ月に平均0.3ミリ程度ですから、治療期間も長期にわたります。

現在は、従来の治療よりも治療期間が短縮される「デーモンシステム」という矯正装置もあります。
要望に可能な限り添えるような装置・方法を提案していますので、
是非、ご来院下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 下北沢・藤城矯正歯科
〒155-0033
東京都世田谷区代田6-7-24 ルミナス24ビル
京王井の頭線または小田急線「下北沢」駅西口から徒歩3分
TEL:03-3481-0136
mail:info@fujishiro-ortho.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━

歯列矯正についてはこちらのコラムもお読みください
歯列矯正コラム

この記事を書いたプロ

藤城康二

藤城康二(ふじしろやすじ)

藤城康二プロのその他のコンテンツ

Share

藤城康二プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-3481-0136

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤城康二

藤城矯正歯科

担当藤城康二(ふじしろやすじ)

地図・アクセス

藤城康二のソーシャルメディア

twitter
twitter
2013-07-19
rss
rss
2018-08-01
facebook
facebook