まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山中伸枝

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

コラム

古いインデックスファンドは入れ替えが必要

運営管理機関、乗換た方がいいの?


こんにちは、確定拠出年金相談ねっと 代表の山中伸枝です。


さて、先日SBI証券でもう10年近くiDeCoをやっています、というお客様がご相談にお見えになりました。

自営業の方なので、掛金もMAX。

10年の積立はさすがに力がありますね。残高もしっかり積みあがっています。



今回のご相談は、iDeCoブームでいろんな情報を目にするにあたり、もしかしたら他の運営管理機関に移換した方が良いのではないかという疑問がきっかけでした。



SBI証券のiDeCoは、以前から低コストでサービスを提供している人気の運営管理機関ですから、特に運営管理機関に移す必要はないと思いました。

ただ懸念事項としてはSBI証券は60歳以降の資金の受取の際、年金・一時金との併用ができないという点です。でもこの方は自営業、確定拠出年金の他小規模企業共済もやっていますが、こちらは廃業時の受取とお考えだったので受取時期をずらす前提でライフプランを考えればSBI証券の受取時のデメリットも回避できそうでした。


インデックスファンドの信託報酬は下がっている


次に運用商品をチェックしました。

巷でインデックスファンドが良いと聞いて、とりあえずインデックスを選んでいるとおっしゃっていましたが・・・



なるほどね~

最近のインデックスって、信託報酬がとても安くなっているんですね。

と、同時に数年前のインデックスとのコスト差が顕著になっているんです。



なので、その方が運用していらした昔のインデックス、信託報酬が0.5%程度、のものを売却して利益確定をし、最近新しく入った信託報酬0.2%台のインデックスに乗り換えをしました。

それとポートフォリオが崩れちゃっていたので、その修正。



個人的には、普段の生活の中で投資にかける時間はそれほど多くするべきではないと考えているので、あまり資産残高の動きに神経質になる必要はないと思うのですが、それでも適時確認することは必要ですね。



iDeCoのベテランの方も、昔のインデックスファンドと今のインデックスファンドはだいぶ信託報酬が変わっているので、少なくとも商品の入替を考慮するべきだと思います。



お知らせ

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

山中伸枝

山中伸枝(やまなかのぶえ)

山中伸枝プロのその他のコンテンツ

Share

山中伸枝のソーシャルメディア

rss
社長ラジオ
2018-05-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+