まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山中伸枝

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

コラム

確定拠出年金を会社が導入する際の一番のリスク

人事が考えるべきこれからの制度=確定拠出年金



これからの人の採用にもメリットとなる確定拠出年金

これまで何度も制度導入のメリットをお伝えしてきました



では、確定拠出年金を会社が導入するデメリットはないのでしょうか?





正直、これから会社が「福利厚生」を考える場合においても、「企業年金」を考える場合においても、確定拠出年金以外に良い方法はありません

財務上、これ以上良い方法は本当にないのです

確定拠出年金の落とし穴、人事リスクとは?



でも、人事上のリスクはあります

それは従業員が辞めるときです



確定拠出年金は、転職の際「持ち運び」できます 

加入者の財産ですから、会社が変わろうと、ずっと自分自身でメンテナンスできるのが良いところです



しかし、ひとはそれぞれ

特に退職時はいろいろな事情、問題を抱えている場合もあります



その際、ネックになるのが、この「持ち運び」、つまり60歳までおろせないという点です

人事リスクの対策は選択制



この人事上のリスクをカバーするのが、「選択制」という仕組みです





また 制度詳細の解説は改めますが、関心のある方は一度こちらの記事をご覧になっておいて下さい

日経新聞取材記事

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

山中伸枝

山中伸枝(やまなかのぶえ)

山中伸枝プロのその他のコンテンツ

Share

山中伸枝のソーシャルメディア

rss
社長ラジオ
2018-05-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+