まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山中伸枝

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

コラム

【ねんきんセミナー人気です】



今日はある企業の労働組合様のご依頼で研修を担当させていただき​ました

最初の2時間は、組合幹部の方向けの研修

まず年金の仕組みをさらっとおさらいをして、年金の2013年問​題の解説

ご存じのとおり、国民年金の受給開始年齢は65歳ですが、厚生年​金については「特別支給」という段階的に受給開始年齢を引き上げ​るという措置がとられています

例えば昭和24年4月2日から昭和28年4月1日までに生まれた​方(男性、女性は5年遅れです)は、特別支給の厚生年金が60歳​からもらえます

ですが、昭和28年4月2日~昭和30年4月1日までに生まれた​方は特別支給の開始年齢が61歳となり会社員で初めて60歳定年​後すぐに年金ももらえない年代の方が誕生するのが、2013年と​いうわけです

その後も段階的に特別支給の厚生年金受給開始年齢は引き上げられ​ます

昭和30年4月2日~昭和32年4月1日生まれの特別支給は62​歳から・・・

このスケジュールを理解せずに先輩と同じように60歳からなにか​しらの年金があると思っていると、生活設計くるってしまうわけで​すよね

実はそうならないための資料がねんきん定期便なのですが、ねんき​ん定期便、なかなかちゃんと読めている人少ないです・・・

幹部の方の研修のあと、一般組合員様向けの2時間半の研修

もちものとしてねんきん定期便を持ってきていただくお知らせをし​ていたのですが、探しても見つからなかったという方や、ねんきん​特別便(別物です(笑))をもってきたり・・・
いえ、今日の会社様に限らず、まずほとんどこんな感じです

なので研修ではサンプルをおつけして、持参していない方も理解が​進むように工夫をするのですが、できればその場でねんきん定期便​の内容を確認してほしいですね

老後の生活設計を考えるとき「ねんきん定期便」はマストで理解す​るべき資料です
なにしろ自分のデータが正しく国に記録されているかチェックする​唯一の情報ですから

ねんきん定期便を使っておおよその自分の年金額、いつからいくら​を把握したら足りないお金を試算します

そのあとは、今の家計の見直し方(保険であったり、住宅ローンで​あったり)をご説明して、将来のために資産をつくっていくことを​お伝えします

労働組合さんなどで年金やライフプラン、マネープランの研修に取​り組むところ最近は本当に増えてきています
でも、まだまだ少数派でしょう

社員研修って、接遇とかマーケティングとか売上アップの精神力(​?)とか、そういうことの方が主流です

でも、実際年金の話、聞きたいという方多いですよ
毎回アンケートは非常に良い結果をもらっていますから

なので、年金に関するニーズ、企業においてそれないりのポジショ​ンの方は、社内ニーズをとられるといいと思います

結構かなりの方が年金セミナー興味があると思います

確定拠出年金も運用ノウハウだけが継続教育の選択肢のように思わ​れていますが以外と年金制度のそもそもについての研修会などもさ​れると良いと思います

[[お役にたてましたら「いいね!」をお願いします https://www.facebook.com/info401k?sk=app_346133732068411]

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

山中伸枝

山中伸枝(やまなかのぶえ)

山中伸枝プロのその他のコンテンツ

Share

山中伸枝のソーシャルメディア

rss
社長ラジオ
2018-05-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+