まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山中伸枝

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

コラム

【確定拠出年金必勝運用法とは その10】



提供された運用商品しか選択肢がない

確かにこれは確定拠出年金の魅力を低減させてしまう要因かもしれません
特に、保守的になってしまいがちな会社の確定拠出年金の商品セレクション、投資先として新興国などこれからの国としての経済成長が期待できる国への選択肢がないことはちょっと残念かもしれません

もし会社のラインナップが満足いくものではないとお考えの方は、ぜひ「資産全体のポートフォリオ」を考えてみてください

そもそも確定拠出年金は毎月数万円の積立額の中だけでポートフォリオ(投資アセットクラスの組み合わせ)を考えてもあまり意味がないと私自身は考えています

ともすると確定拠出年金に加入しているというだけで、なんとなく「将来に備えている感」がしてしまって、もう十分って思ってしまう人もいるのですが、私たちが必要とする老後資金は思っている以上に高額です

なので、会社が拠出してくれる数万円の積立だけでは間に合わないケースも往々にしてあるのです

そのため、確定拠出年金も老後資金のひとつの手段と位置づけ、今一度ご自身の資産全体を確認することが大切ではないかと思います

積立で準備するお金、ある程度まとまったお金を運用しながら準備するお金、いろんな金融商品を組み合わせて、20年後、30年後に備える必要があるのです

確定拠出年金の積み立てと、たとえばボーナスなどを利用してETFを買ってみる
※ETFについての詳細は、こちらをご覧いただけると参考になると思います
ETF

ETFは積立には向きませんが、まとまったお金があれば、低コストで投資信託が購入できる優れものです
例えば上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング) は新興国21か国の株式に投資ができるファンドです
ご自身の会社の確定拠出年金に新興国へ投資をするファンドがなければ、こういったものを組み合わせることによって投資先も広がってきます

そもそも公的年金、私はいくらくらいもらえるの?と思っていらっしゃる方はぜひこちらのサイトをご参考にしてみて下さい
ねんきん定期便クイック試算

ねんきん定期便のご自身の情報をいれることで将来もらえる年金額の試算ができます
私が仕事でお世話になっている会社さんが開発されています
ご参考になるかと思います
まずはねんきん定期便に書いてある情報を入力しておおよそでいいので、自分がもらえる年金見込み額を試算してみましょう
そのうえで、不足するであろうお金を計算してみる、これが確定拠出年金が目指すゴールです

ゴールを決めないことには、確定拠出年金の運用方針も決まらない・・・
まずはここからではないかと思います

※ねんきん定期便クイック試算の細かい利用方法などはまた追ってご説明しますね

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

山中伸枝

山中伸枝(やまなかのぶえ)

山中伸枝プロのその他のコンテンツ

Share

山中伸枝のソーシャルメディア

rss
社長ラジオ
2018-05-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+