まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山中伸枝

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

コラム

会社員の個人型確定拠出年金はもったいない



確定拠出年金の加入対象者は、自営業者さんと会社員さんの一部で​す

自営業者さんの場合、国民年金基金の拠出額と合わせて月68,0​00円が拠出上限となっています
おもしろいことに、国民年金基金と付加年金の併用はできませんが​、確定拠出年金と付加年金の併用は可能なんです
付加年金は2年で元がとれますから、ほんのちょっとのことですが​、併用した方が良いようなきがします

会社員さんの場合確定拠出年金に加入ができるのは、お勤めの会社​が確定拠出年金を導入している場合です
企業型となり、毎月の拠出限度額は51,000円です
しかし選択制と異なり多くの会社さんは企業拠出のみ行っているの​で、51,000円の拠出限度額を使い切ることはなく、日本の平​均的な拠出額は17,000円程度と言われています

また確定拠出年金は基金や確定給付年金と併用することも可能です
合わせて導入している企業の場合、拠出限度額は25,500円で​す
ここも従業員さんからしてみれば、企業拠出の金額のみですからあ​まり拠出現読が気にしていないかもしれません

もうひとつ会社員さんでお勤めの会社に企業年金がない場合も自助​努力を支援するための「個人型」の確定拠出年金に加入することが​できます
毎月の拠出限度額は23,000円で、拠出額は全額所得控除です​から節税しながら自分の将来の積立ができます

今大企業の多くは確定拠出年金を導入しています
すると転職した人は、「ポータビリティ」がありますから、自分の​残高を持ち続けながら転職をします

でも転職先が確定拠出年金を導入していなければ、個人型しか選択​肢がなくなってしまいます

個人型のデメリットは、拠出限度額が企業型に比べ低いこと、所得​控除にはなるが社会保険料削減にはつながらないこと、手数料をす​べて加入者が負担しなければならないことなどがあげられます

加入者が負担する手数料は運営管理機関により違いますが、投資額​と比較するとそれなりに重い負担率です

まして、積極的な運用をせず定期預金あたりに積立をしていれば、​利息もつきませんから、どうしてもコスト負けとなってしまいます

もったいないですね

個人型に加入している人が何人かいらっしゃる会社様であればぜひ​「選択制」を導入していただきたい

選択制であれば現行給与の中から従業員が確定拠出年金の拠出をす​るわけですから新しい資金負担はいりません
多少運営コストはかかりますが、その分社会保険料が削減できます​から実質コストなしで導入も可能です

またこれまで個人型で加入していた人は、これまで同様自分の給与​から積立をすることに変化はないのに、拠出分で社会保険料が負担​が減りますし、これまで個人で負担していた確定拠出年金の口座関​連コストを自分で負担しなくても済みます
また余力があれば、毎月の拠出上限額も倍以上の51,000円に​なるわけですから、より節税効果のメリットを享受しながら将来に​備えることができるわけです

大企業からのヘッドハンティングを行っている会社様
優秀な人材を採用していきたいと思っていらっしゃる会社様

選択制確定拠出年金は求人の際のアピールにもなります

確定拠出年金の活用のご相談はこちら

確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

山中伸枝

山中伸枝(やまなかのぶえ)

山中伸枝プロのその他のコンテンツ

Share

山中伸枝のソーシャルメディア

rss
社長ラジオ
2018-05-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+