まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
山中伸枝

年金・資産運用に強い独立系ファイナンシャルプランナー

山中伸枝(やまなかのぶえ)

株式会社アセット・アドバンテージ

コラム

投資信託の選び方

投資信託は

「何に (どこに)」投資をするかという投資先と

「どうやって (何を目指して)」投資をするかという投資方針でカテゴリーわけするということを昨日のコラムに書きました



例えば、為替リスクはあまりとらずに、でもインフレには対応したい
また日本の株式市場に魅力を感じる

という方であれば、「何に」は日本の株式市場 となりますし、日本の一流企業の集まりである東証一部上場の会社の平均株価と同様であればよいと思えば、インデックス型のファンドを選ぶというような形です


同じ日本株式のインデックス型がいくつかある場合は、「ベンチマーク」という物差しを使ってどれがいいかを決めていきます


ベンチマークは同じもの同士を比較します


日本の株式であればTOPIXか日経225 これはどちらも同じとして比較しても大丈夫です



インデックス型であってもベンチマークを上回った運用をしているものもあれば、下回ってばかりいるファンドもあります


できれば、上回りたいですよね(笑)

なので、できるだけ成績が良い方が選ぶときはよいのではないでしょうか?


手数料も確認しましょう


確定拠出年金では販売手数料が無料ですから、お得ですね

手数料は信託報酬を比較します、インデックス型であればほぼ同じくらいの水準かと思います

インデックス型は解約手数料もないものがほとんどでしょうから、信託報酬がバカ高くなければ、選ぶのは成績でよいでしょう


なんとなく選び方のステップは分かっていただけましたでしょうか?


つまり、商品をいきなり横並びにして選ぶのではなく

自分自身が「どこに投資をするべきか」を先に決めないとスタートできないわけです


もちろん投資先は、いくつでもいいです


日本株も、債券も、外国も


これでもOK


月々1万円の積立であっても、いろんな投資対象に「分散」して投資ができるのも確定拠出年金の良いところです





さあ、どこに投資をするべきか、少し考えてみてみませんか?

自分の年金が分かるセミナーはこちらから



☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・


【年金と資産運用のことなら個人も法人もお任せください】

心とお財布をハッピーにする専門家 山中伸枝

ワイズライフFPコンサルタント
http://www.wiselife.biz/

ブログ:心もお財布も幸せになる!マネー力磨き
http://ameblo.jp/nobushell/


☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜





確定拠出年金セミナー

確定拠出年金ご相談

全国の確定拠出年金に強いFPが見つかる確定拠出年金相談ねっとわーく

無料PDF

この記事を書いたプロ

山中伸枝

山中伸枝(やまなかのぶえ)

山中伸枝プロのその他のコンテンツ

Share

山中伸枝のソーシャルメディア

rss
社長ラジオ
2018-05-29
facebook
Facebook
google-plus
Google+