まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
大石達也

会社の未来を創る事業プロデュース「仕組み化」コンサルタント

大石達也(おおいしたつや)

有限会社フォーカス・ビジネスプロデュース

大石達也プロのご紹介

会社の未来を創る事業プロデュース「仕組み化」コンサルタント(1/3)

クライアント企業の中で事業開発プロデューサーを育成する

事業プロデュースの仕組みづくりを軸としたコンサルティング

 フォーカス・ビジネスプロデュース代表の大石達也さんは中堅・中小企業において、新規事業、事業再活性化を通常の業務として組織に定着させる仕組みづくりのコンサルティング・サービスを提供しています。  
「人口減少時代を迎え、日本の市場は縮小傾向。また、AI、IoTなどをキーワードに社会には変革が起こっています。これまでと同じことをしていても収益は右肩下がり。敏感な経営者の中には危機感を持ったり、逆にチャンスと捉え、事業の再構築を急務と捉えている方もいることでしょう。そこで必要になるのが、次世代の事業の柱を育てる ‘事業プロデューサー’という社内人材です。当社ではその育成とともに彼らが社内で日常的に活躍できる仕組みづくりを軸としたコンサルティングを行っています」
 事業プロデューサーの役割は、広い視野で事業を見直し、新規事業の創出や事業の再活性化を図っていくこと。対象となるのは、これまで独自の技術や製品で実績を積み上げてきた中堅・中小企業です。
 
 大石さんの仕事は、事業プロデュースの仕組みづくりにより既存事業の見直しを行い、新規事業をスタートさせること。10回にわたる面談コンサルティングで事業プロデュースに求められる必要なノウハウを提供します。
「重要なのは、クライアント企業の社員が事業プロデューサーとして独り立ちし、企業に事業プロデュースの経験とノウハウが蓄積されていくこと。私が新規事業プロデュース・プロジェクト全般を代行することはありません。事業プロデュースの仕組みづくりを通して、社員も企業も成長し、すべてのステークホルダーが利益や恩恵を享受できるという姿を描いています」

 現行事業の見直しや新規事業を立ち上げると決めたら、経営者には「覚悟を持ってほしい」と強調します。
「事業の見直しや新規事業には複数の部署との連携が必須で、社内に軋轢や障害が発生することも。経営者にはそれらを克服し、社内変革を引き受ける覚悟が必要です。経験からいって、経営者が同じ意識を持っていないとうまくいきません。面談を通して、経営者の覚悟を推し量り、案件をお引き受けしない場合もあります」

 大石さんの厳しくも聞こえる声には、「日本の中堅・中小企業が国内外の新しいマーケットでもっと活躍してほしい」という熱い思いが込められているのです。

大石達也プロのその他のコンテンツ

Share