まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
上藤彰子

ダイバーシティ戦略コンサルタント

上藤彰子(かみふじあきこ)

 

コラム

障がい者雇用が進まない企業の事情

2018年6月25日

中小企業の人事の方と、障がい者雇用が進まない事情について声を聞くことができました。
法定雇用率が上がってあと数人採用したら、障がい者も採用しなくてはならない。
だけど、障がい者にできる仕事を用意しきれないと言います。

障がい者雇用について調べようとすると、「シュレッダー作業や書類の整理、または物の整理、箱詰めや掃除といった、あまり難しくない作業を切り出して仕事をしてもらう」という方法がヒットします。もちろんこの方法は障がいがある人を採用するひとつの方法ではあります。

しかし、その企業では難しくない作業を切り出しきれないと言います。
「普通に、うちで募集している職種で働いてくれればいいんだけど。」
私はそれに対し、「それでいいんですよ。」とお返ししました。

その言葉に対し、人事の方は、
「障がい者ご自身が、簡単な作業ができないか、と期待してくるんだよ。」
とお答えになりました。

障がい者雇用として用意されている簡単な作業をして無理せずゆるく職業人生を送るのも人生、
障がいがあっても自分の力を試したい、挑戦したいと思いながら職業を選ぶのも人生。
どちらの生き方もその人にとって良い人生ならそれでいいのです。

簡単な作業を期待している人は前者のタイプ。
例の企業は、たまたま挑戦を望む障がい者に出会っていないだけです。
必要な配慮は受けざるを得ないけれど、できるだけ健常者と同じように仕事をしたい、キャリアを積みたいと考える障がい者とその企業がうまく出会えたら、と思いました。

「障がい者はこんな人」と一括りにせず、ひとりひとり考え方の違いがあるということ、
できないこともあるけれど、それ以上にできることもあること。

「企業とはこんなのもの」と一括りにしない考え方と一緒です。
同じ業界でも、多くの企業がある。
しかし、事業内容も経営理念も1社1社違います。

障がいがあってもその人個人としての適性を活かすことで、良い意味での「違いのある会社」となっていくことでしょう。

この記事を書いたプロ

上藤彰子

上藤彰子(かみふじあきこ)

上藤彰子プロのその他のコンテンツ

Share

上藤彰子プロへの
お問い合わせ

上藤彰子

 

担当上藤彰子(かみふじあきこ)

地図・アクセス

上藤彰子プロのその他のコンテンツ