マイベストプロ東京
  1. 英語と文化の違い 全米オープンテニス女子決勝のセリーナ選手の猛抗議を見て思う事
阿久澤淳子

英語の発音の悩みを解決!英語発音矯正の専門家

阿久澤淳子(あくざわじゅんこ)

英語の発音スクール イングリッシュ・ジョイ

コラム

英語と文化の違い 全米オープンテニス女子決勝のセリーナ選手の猛抗議を見て思う事

2018年9月10日 公開 / 2019年6月12日更新

テーマ:英語と文化



セリーナ選手の猛抗議は、日本人から見ると度を超しているように


皆様、こんにちは!
発音トレーナーの阿久澤淳子です。

今日は、大坂なおみさんの(なおみちゃんと呼びたい!)
の嬉しいニュースで朝が始まりました!

なおみちゃん、全米オープンテニス、優勝おめでとう!!

でも、セリーナ選手の激しい抗議をニュース映像で見ていて

「ああ、英語を学ぶ時は
言葉の理解の前に、
それを使う人の民族性や文化の違いを
理解しとかなきゃだよなあ。」

と思いました。



日本人から見ると、セリーナ選手の抗議は度を超しているように思えますが、
アメリカは黙って引き下がる文化ではないから、あり得る光景だなあと思いました。

こちらがそのセリーナ猛抗議のニュース映像
https://www.youtube.com/watch?v=uiBrForlj-k&t=29s

セリーナ選手は、1回目の「違反」の時から、
自分はコーチングを受けてはいないと抗議しています。

テニスでは、試合中にコーチからアドバイスを受けることが固く禁じられています。客席にいるコーチから、言葉ではもちろんのこと、手振りや身振りでもコーチングを受けることは「違反行為」なのです。

<0:37 >
I don’t cheat to win.  I’d rather lose.

「勝つためにずるなどしない。そんなことするくらいなら、むしろ負けるのを選ぶ。」

そこから、1:00 くらいまでは、
まだ主審に丁寧なものの言い方をしているところを見ると、

最初の違反時に、「1回目の警告を『正式に』受けた」とは
とらえてなかったのだなあと思います。

その認識の違いが、多分あのあとの激烈な抗議へとつながったのでしょう。

cheat という言葉は、「だます」という意味で、
カンニングや浮気をした時にも使われます。

アメリカの小学校に子供を通わせていましたが

遊びでも、もちろん勉強のテストの時も
cheat したと言われるのが、何より恥ずべきことで、
cheatした、いやしてない、というのが喧嘩の種になってました。

「お前は cheater だ!」と言われたら、

「何をっ!」と、とびかかっていくくらいの勢いで否定する、そんな感じです。

そして、アメリカ人にとって fair ではないと感じたら、
猛烈に抗議をするのは当たり前のことなのです。

でも、この映像の最後の方で

セリーナのコーチが
インタビューに答えているのですが、

なんと彼は試合中にコーチングをしたことをあっさり認めています。<12:58>

やってたんかいな!!

ブーイング(主審に対する?)がまだ残る表彰式の会場の雰囲気を変えたのも、

またなおみ選手のとても謙虚な(ある意味日本的な)言葉のチョイスとお辞儀だったのでは?と思います。<4:18~6:06>
https://www.youtube.com/watch?v=jCm3BemDlj8

どちらの英語も聞きやすいので、英語での猛烈な抗議をぜひ聞き取って下さいね!

英語の発音上達のコツ メルマガ 無料配信中

なぜ、簡単な英語すら聞き取れないの?3つの原因と解決方法とは?
これを知るだけで、発音とリスニングが格段に楽になることとは?
など、実践的な発音上達に役立てて下さい!期間限定動画プレゼント中。
ご登録はこちらからどうぞ。

この記事を書いたプロ

阿久澤淳子

英語の発音の悩みを解決!英語発音矯正の専門家

阿久澤淳子(英語の発音スクール イングリッシュ・ジョイ)

Share

阿久澤淳子プロのコンテンツ