まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
阿久澤淳子

英語の発音の悩みを解決!英語発音矯正の専門家

阿久澤淳子(あくざわじゅんこ)

イングリッシュ・ジョイ

コラム

何年も勉強してきたのになぜ簡単な英語が聞き取れないのか?

英語が聞き取れない原因は?

2016年12月4日 / 2018年9月10日更新

家族4
いきなりですが、こんな経験はありませんか?

●英語の電話会議で、相手が何を言っているのか聴き取れず、冷や汗の連続

●簡単な英文なのに、外国人に話しかけると何度も聞き返される

●外国人に話しかけられると頭が真っ白になってしまう    

●自分の発音に自信がない、話すのがはずかしい

これは全部、かつて私が経験したことです。
そして、私のスクールの生徒さんの共通するお悩みでもありました。

そもそも、なぜ、何年も何年も英語を勉強してきたのに、簡単な英語すら聞き取れない、ということが起こるのでしょうか?

その理由は、日本語で使われる「音」と英語で使われる「音」は、あまりにもかけ離れているからなのです。

かけ離れているにも関わらず、私たちの多くは「英語の正しい音」を知りません。「正しい音」を学ぶ機会がなかった、身につける方法を知らなかった、だから「簡単な英語すら聴き取れない。」ということが起こるのです。

自分が発音できない音は、 基本的に聴き取ることは出来ない。

正しい音を知らない人の頭の中で起こっていること。


私たちの脳には知らない音を聞いた時に、知っている音に無意識に置き換えてしまう性質があります。
つまり多くの日本人は、英語を聞いた時に、知っている日本語の音(カタカナ)に置き換えて聞いているのです。

日本語の母音はたったの5つですが、英語は全部で20個も母音があります。(学者により数は若干違います)
子音は全部で24個もあります。

でも正しい音を知らなければ、英語が聞こえてくると頭の中で「空耳アワー」が起こるのです。

つまり、知識や文脈から類推して「こう言ったんだろう」という置き換え作業を猛スピードでしているというわけなのです。
これは複雑で集中力が要求されます。

だから「英語を聞いているとすぐ疲れる」のです。そんなに長い時間は集中力は続かない!
(私がまさにそうでした。ちなみに「空耳アワー」は大好きです。あんな風に聞こえますし。)

「英語を話せるようになりたい!聞き取れるようになりたい!」という人は、今まできっと何度もテキストの音声教材で「聴く、話す」練習を始めたはずです。

その時、「空耳アワー」が頭の中で渦を巻いて、あやふやなカタカナ発音で 口に出して練習していたらどうなるでしょう?

聴いた音と、口から出た音が違っていたら、頭は常に修正作業の連続。

疲れるはずです。

聴き取りたかったら、まず「正しい音(発音)を身につける」。
結局これが近道です。

「発音」と言っても、LやRの区別をつける、という音素の問題だけではありません。
(もちろん音素は基本なんですけど)

では、一体何が?
続きはまた次回に。

英語の発音上達のコツ メルマガ 無料配信中

なぜ、簡単な英語すら聞き取れないの?3つの原因と解決方法とは?
これを知るだけで、発音とリスニングが格段に楽になることとは?
など、実践的な発音上達に役立てて下さい!期間限定動画プレゼント中。
ご登録はこちらからどうぞ。

この記事を書いたプロ

阿久澤淳子

阿久澤淳子(あくざわじゅんこ)

阿久澤淳子プロのその他のコンテンツ

Share

阿久澤淳子プロのその他のコンテンツ