まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(うちだあけみ)

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

コラム

女性管理職向け カラータイプ保健室⑥ターコイズの上司

組織の関係性

2017年8月27日 / 2018年10月1日更新

好評を頂いていますカラータイプ保健室、
シリーズ6回目になります。
夏休みを頂いて更新が遅くなりました。

前回、青の上司についてお話していますが
誠実で冷静な上司、スピード感はありませんが
確実に信用を得ていくタイプだったですね。

そして自分にも部下にも厳しいという面を
持っていました。

黒と青の共通点

そんな青の上司は黒の上司とはとても共通点が
多く、独りで頑張れるとても意志が強いところといった
面がありますね。

黒の上司には完璧主義な面
青の上司はストイックな面
内面的なところはほぼ同じですが
黒はやはり無彩色、本心が分かりにくいといったところが
加わりますね。

好きな色からの価値観~ターコイズの特性

さて、本日はカラータイプマップの中の青とは
反対に位置しています「ターコイズ」について触れてみたいと
思います。



好みが分かれるところですが
好きな色が「ターコイズ」だという方も多いですね。

青とは類似色相でありますターコイズ(緑みの青)
よくご質問受けますが、色彩心理では青とターコイズというものは
分けて捉えています。

青と同様に海の色ではありますが
海もどちらかというと南国の海のイメージです。
また、流れのある河の景色も広がるのが
このターコイズです。
そしてトルコ石を連想する方もいらっしゃるでしょうね。

このターコイズの特性は
新しいことを創造していくことに長けています。
会社の業種にも左右されるところですが
自由な発想をしながらアイディアを生み出せる力がある人です。

部下からみたターコイズの上司って?

自ら自由にクリエイティブに動ける発想の持ち主ですから
部下は一緒にいて楽しいかもしれませんね。
ターコイズの特性を持つ人は、上手く力を合わせていける人とは
相乗効果がありますから、結果を確実に出すことができます。

ただし、慎重で結果重視の部下の場合は、
ついていけないということもあるのかもしれませんね。

これは部下の特性(タイプ)によって、その関係性は大きく
違ってくると思います。

ターコイズの上司は、部下からブレーキをかけられるのを
嫌いますから、つまらない部下は必要ないと思ってしまいがちです。

じつは、ターコイズは他人のことは
あまり関心がありません。
これは、上司として、チームをまとめていく立場としては
意識して改善していかなければいけませんね。

ターコイズ好きな上司の方、いかがでしょう?
次回はターコイズを取り入れて
なりたい自分を実現した方の例もご紹介したいと
思います。

■Enchanteの取り組み
お悩み改善セッション・セミナーさせて頂いております。
マイベストプロの「解決!アスクミー」でも
アドバイスさせて頂いています。
どうぞお気軽にお問い合わせください。


■カラータイプ研修・セミナーを企業内で
させて頂いております。
また、認定講座も開催しております。
研修を受けるより、ご自分で学んで頂くことも
人材育成として有効な道かと思います。
*次回カラータイプ3級アドバイザー認定講座
9月14日(木)13:30~17:30
一日4時間履修講座

セミナーイベントを参照ください
http://mbp-tokyo.com/enchante/seminar/

この記事を書いたプロ

内田朱美

内田朱美(うちだあけみ)

内田朱美プロのその他のコンテンツ

Share

内田朱美のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-11-12
facebook
Facebook