マイベストプロ東京
  1. 女性管理職向け カラータイプ保健室~②どうしてカラー心理を使うの?
内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(うちだあけみ) / 講師

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

コラム

女性管理職向け カラータイプ保健室~②どうしてカラー心理を使うの?

2017年5月28日 公開 / 2018年10月1日更新

テーマ:コミュニケーションの力

コラムカテゴリ:ビジネス

女性管理職向けのカラータイプ保健室の2回目となります。
初回では、色が心に与える影響、そして色から分かる今の自分の気持ちに
フォーカスして、皆さんの職場のストレスやコミュニケーションの悩みを
少しでも軽減できるような相談窓口(保健室)でありたいとお伝えしました。

カラー心理ってなに?についても、
連想物として「太陽」や「炎(火)」の例を挙げてお話しました。
人類が共通して体験してきた色の情報、
自然界のいろいろな物から連想するイメージや印象、
それに伴って感じる私達の気持ちがカラー心理(色の意味)だと
理解して頂ければ良いと思います。

そして、さらには宗教や思想、そして文化背景や地域や時代によっても
カラー心理(色の意味)が加わって影響されていることも
お伝えしておきます。

■どうしてカラー心理を使うのか?
心理カウンセリングを受けたことのある方は経験があるかもしれませんが・・・。
自分の気持ちや状態を言葉にすることは意外に難しいものです。
自分で自分のことが分からないからこそカウンセリングを受けているのに
検知者からの質問によっては、何をどう伝えたら良いのか
言葉が出てこないことも多いと思います。

このように、私たちの何となくモヤモヤして
言葉にできない気持ちを、「通訳」「翻訳」してくれるのが
カラー心理を使ったカウンセリングなのです。
つまり、クライアントであるあなたと、検知者の間を繋いでくれるのが
「カラー心理」だという事です。

例えば、「今日の気分は何色ですか?」
このような質問であれば、ご自分の今の気分を色が通訳してくれるわけですから
直感で「黄色」とか「青」とか答えればOK!ということになります。
いかがでしょう。とても簡単ですし、気持ちが楽になりますよね。
検知者はあなたの答えた色によって
言葉のキャッチボールを始めていきます。

「黄緑ですね」と答えたとしましょう。



「黄緑ですね。新緑の今の季節にぴったりですね。
何か思い描く物がありますか?」

こんな具合に、ラポール(信頼関係)を持ちながら
会話は発展していきます。

クライアントがなぜセッションを受けに来たのか?
明確になっている場合もありますが
いきなり、クライアントも自己開示ができないことも多いですし
そんな時に、色彩がその場のアイスブレークになるわけですね。

色彩を通して自分自身に向き合って頂くことになりますし
自分を深く理解することもできるようにもなります。

どうしてカラー心理を使うのか?
ご理解頂けましたか。
言葉にしにくい自分でも分からないモヤモヤした気持ちを
色に置き換え、その意味から連想していくと視覚的に
また感覚的に分かりやすくなるということです。

ストレス社会の現代に、人間関係についてもカラー心理による
コミュニケーション術を読み解くことができます。

今後は職場のストレス解消、あるいは円滑なコミュニケーションについても
ご紹介していきます。
また皆様からも、具体的なお悩みを教えて頂ければ
個人情報は伏せたカタチで、モニター様として回答していきたいと
考えています。

それでは次回もお楽しみに。

**************
女性管理職のための研修・セミナー
個別カウンセリング(カラータイプ保健室)のお申込み・お問い合わせ
Enchante 代表 内田朱美
Email cocoiro@pp.em-net.jp
Phone 03-6765-1325
Mobile 090-3907-7125

http://www.enchante-tokyo.com/

この記事を書いたプロ

内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(カラールーム Enchante(アンシャンテ))

Share
関連するコラム

内田朱美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6765-1325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田朱美

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

担当内田朱美(うちだあけみ)

地図・アクセス

内田朱美のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-01-09
facebook
Facebook