マイベストプロ東京
  1. 女性管理職向け カラータイプ保健室~①カラー心理ってなに?
内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(うちだあけみ) / 講師

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

コラム

女性管理職向け カラータイプ保健室~①カラー心理ってなに?

2017年5月4日 公開 / 2018年10月1日更新

テーマ:コミュニケーションの力

コラムカテゴリ:ビジネス

GW二日目、連休中もお仕事の方もいらっしゃるとは思いますが
久々に気持ちは職場から離れて、癒やされている方も多いと思います。
そして、今このコラムを読んでくださっている皆様
ありがとうございます。

さて、マイベストプロのカラーセラピーコンサルタントとして
主にカラー心理や特性診断、コミュニケーションについて、
ここ2年半コラムを書いて参りました。


今日から、女性管理職向けのお悩み相談室として
「こころの保健室」のような役割をも担って参りたいと思います!

もちろん、女性管理職を部下にもつ上司の方にとっても
参考になると自負しております。

最近では、「カラー心理」を駆使した
★女性管理職のためのマネージメント研修★など
させて頂くことが増えて参りました。

しかしながら、カラー心理(色彩心理学)が実際にどういうことなのか?
一般の方々には、にわかに理解されていないというご指摘がありましたので
基本に立ち戻り、「カラータイプの特性診断」と絡めながら紐解いて参りたいと
思います。

カラーというと、似合う色とかイメージコンサルタントと言った
ファッション(外見)のことだと思われることが多いです。
もちろん、第一印象を左右するファッションも大事な要素ではありますが

■ここでは、色が心に与える影響、そして色から分かる今の自分の気持ちに
フォーカスして、皆さんの職場のストレスやコミュニケーションの悩みを
少しでも軽減できるような相談窓口でありたいと思います。

それでは、カラータイプ保健室の一回目として
まず「カラー心理」とは何か?についてお話します。
自然界のいろいろな物から連想するイメージや印象
それに伴って感じる私達の気持ちと理解して頂ければ良いと思います。

たとえば、太陽は、赤いですが、そこから連想してみてください。
「朝日」や「夕日」が浮かびますね。
朝日から連想すると、「活動開始」また「働く」や「仕事」が浮かぶでしょう。
夕日から連想すると、「一日が終わる」、「闇がやってくる」、「体力消耗」が出てきます。
ワーカーホリックというイメージもこの太陽の赤から連想できます。



また、炎(火)も赤いですが、
「熱い」とか「燃える」「エネルギー」が連想できます。
皆さんがよくご存じの「情熱」「激しい」あるいは、「危険」や「怒り」
真っ赤な炎は、激しく燃えるイメージで「危険」だと感じます。
このように、ご自分の周りの物から、連想してみてください。

ご自分が赤からどんなイメージを持つか?
あるいは、その赤が好きなのか?嫌いなのか?急に気になっているのか?など
人生の体験の中で、あるいは生まれ育ってきた環境
またどんな人との係わりを持ってきたか?
潜在意識の中に眠っていることもあるのですが
時にそれが色によって引き出され、
自己理解に繋がるということでもあるのです。

カラータイプでは、まず自分の特性を理解(自己理解)して頂きますが
この特性を診断するのに、先程から説明しているカラー心理を
駆使するということになります。

次回はカラータイプについて書いて参りますし
クライアントの実例なども紹介したいと思います。

また、2年ほど前に「赤の上司」というコラムを掲載していますので
管理職としてご自分は何色の上司だと思うかを考えながら
お読みくださると楽しいでしょう。
色で読み解く「赤の上司」

では次回をお楽しみに。
個人セッションなどもお引き受けしています。
出張することも可能ですし、会社の近くのカフェでのセッションでも結構です。
お問い合わせもお気軽にお待ちしています。

この記事を書いたプロ

内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(カラールーム Enchante(アンシャンテ))

Share
関連するコラム

内田朱美プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6765-1325

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

内田朱美

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

担当内田朱美(うちだあけみ)

地図・アクセス

内田朱美のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-01-09
facebook
Facebook