マイベストプロ東京
内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(うちだあけみ)

カラールーム Enchante(アンシャンテ)

コラム

部下が「報告」をしない3つの理由

2016年9月2日 公開 / 2018年10月1日更新

テーマ:組織の関係性

Enchanteの新Webサイトの公開から、早いもので2ヶ月が経過しました。
既存のカラールームEnchanteから、少し脱皮と言いますか
異業種の方々をターゲットにしています。

もっと広く、いろいろな方々に伝えたいことがあります。
それは・・・・
色彩(心理)で
・「自分の特性」の理解
・「人間関係」の改善
・「コミュニケーション力」の養成
社会に渦巻く、個の心理面の悩みに救いの手を差し伸べて行きたいからです。

新Webは情報発信型サイトを目指しております。
「Enchanteのサイトへ行けば、いろいろ教えてくれる」
あるいは
「内田さんなら、どう考えるか?聴いてみたいな」
・・・と捉えて頂けたら幸せです。

掲題の「報告をしない部下に気を使いすぎる理由」については
サイト内の記事もご覧頂けたらと思います。
http://enchante-tokyo.com/325

そして、この記事にさらに補足するとして
部下が報告しない3つの理由を考えてみましょうか。
それは、上司と部下の関係性にも原因があります。

1. 上司も部下と同じ心理を持っている(同じ特性がある)
   報告というのは、上手く行かなかった、問題が発生したという場合こそ、迅速に!
   ですが、自分にNGを出しているために、その勇気がわかないのですね。
   上司も同じようなタイプの人間だと、その気持が分かるがために気を遣いすぎます。
   すると、上司の方も、部下へ「報告」を促すこと、声をかけることができないというスパイラルに陥ります。

2. 部下が上司を信頼していない
   何を報告しても受け入れて貰えないのでは?と、部下はいつも不安に思っています。
   これは、上司との信頼関係が構築できていない証拠でしょう。
   上司も信頼されてないことをよく分かっていて、そのため部下に気を遣うことになるわけです。

3. 部下が依存(甘え)している
   マニアル通りに仕事はできるが、不足の事態には対処できない傾向にあります。
   上司から声を掛けてもらうことを待っています。

まだまだ理由は、人間関係の数だけあると思いますが
いずれにしても、関係性の質が左右するのですね。

***********

<Enchante企画配信中>
http://www.enchante-tokyo.com/

この記事を書いたプロ

内田朱美

色の力で人と社会を救うカラーセラピーコンサルタント

内田朱美(カラールーム Enchante(アンシャンテ))

Share
関連するコラム