まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
深山州

快適な住み心地と資産価値を守るマンション管理士

深山州(みやましゅう)

株式会社メルすみごこち事務所/株式会社クローバーコミュニティ

深山州プロのコラム一覧:マンションの現場から

 「古い」をネガティブにとらえていませんか?  新築後30年、40年と経過したマンションや団地にお住まいの方の多くが、古いことをマイナスポイントに挙げます。一番のマイナスポイントは、そう考える住民が多いことです。マイナス心理が更なるマイナスを呼びます。『古い...

前回コラムでは「ゴミ出しマナー」について、マンション所有者(管理組合)の立場に立った説明をしました。逆に言うと、これから中古マンションを購入しようとしている方にとっては、この『居住者のゴミ出しマナーの良し悪し』は事前に見ておきたい点の一つです。私は以前に不動産仲介業に従事...

マンション管理組合の執行部、理事会のメンバーは、そのほとんどが男性主体で、男性のみというところも多い中、コンサル先のある管理組合で、理事会メンバーが「全員女性、しかも主婦」というところがありました。通常、マンション購入者(お部屋の名義人)が組合員として、理事の資格が生まれま...

自分の住んでいるマンションが他人からどう見られているか、気になったことがありませんか?毎日当たり前のように居住していると、共用部分も当たり前の景色になっていると思いますが、結構他人は見ています。私は通勤・通学・買い物などの行き帰りに人の住んでいるマンションを見ると、「この...

欧米文化が外資系ビジネスの波に乗って日本へ一気に押し寄せる今日、日本人の議論下手が浮き彫りになっているように見えます。 理由は明確で、日本人は話が「論理的」でなく「感情的」だからです。また日本人特有の社会性と言えるの思いますが、マンション管理組合(例えば理事会)に例えてみ...

マンション理事会の役員さんの多くが総会前に悩むのが、『この議案に反対されたらどうしようか』『総会で批判の集中砲火を浴びたくない』『強引に押し切ったら後で責任を追及されるのではないか』といった、『反対者がいたらどうしよう』というものです。まずは理事会役員同士で100%...

深山州プロのその他のコンテンツ

Share