マイベストプロ東京
  1. 世田谷区立弦巻小学校で空間ワークショップのファシリテーターをしました。
谷口充良

地域の強みを発掘し持続可能な未来を創造する建築士・技術士

谷口充良(たにぐちみつよし)

株式会社ダイス設計

コラム

世田谷区立弦巻小学校で空間ワークショップのファシリテーターをしました。

2016年7月23日 公開 / 2016年12月7日更新

テーマ:都市計画・まちづくりの活動

地域に住む建築士が子供たちと一緒に、杉の木材と太い輪ゴムだけを使って家(基地)を作り上げるワークショップです。 材料は使いまわしますので、ゴミはほとんど出ない、エコな活動です。
今回は、JIA世田谷地域会主催の弦巻小学校での空間ワークショップに、東京建築士会世田谷支部としてお手伝い致しました。
弦巻小学校では、毎年弦巻小学校と松丘小学校の2つの小学校の合同開催で実施しています。
体育館を使って実施し、合計35名が6チームを組んで、思い思いの家(基地)をつくってくれました。
不思議なもので、他校の作品も含めても、ひとつとして同じ形のものにはならず、どのチームも個性的な形の楽しい家(基地)ができあがります。
子供たちには、今年からご用意した「紙ぶるる」という名前の、「耐震の仕組みを学べる紙製キット」をお土産に持って帰ってもらいました。








この記事を書いたプロ

谷口充良

地域の強みを発掘し持続可能な未来を創造する建築士・技術士

谷口充良(株式会社ダイス設計)

Share
関連するコラム