まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
金子清隆

ITの有効活用・コスト見直しに強いコンサルタント

金子清隆(かねこきよたか)

デルタエッジコンサルタント株式会社

お電話での
お問い合わせ
03-6869-8336

コラム

無断で仮想通貨をマイニング(発掘)するウィルスが急増

セキュリティ

2018年6月8日 / 2018年6月21日更新

近年、仮想通貨が色々な意味で話題になっています。
特に昨年後半から急激に値上がりし、一時は1BTC(ビットコイン)が200万円以上で取引されていました。コインチェック社の仮想通貨不正流出事件とこれに続く規制強化で値下がりしたものの、現時点でも1BTCが80万円以上のレートで取引されています。
このように仮想通貨の高騰が続くと、どんな手を使っても稼ぎたいと思う人が現れるものです。そして、知らないうちに皆さんがこうした人々に協力している可能性もあるのです。
なお、今回は仮想通貨の中で取引量が最も大きいビットコインを例に議論を進めます。

ビットコインを獲得する方法としてのマイニング

ビットコインを入手するにはいくつかの方法があります。
一つは、取引所や交換所と呼ばれる業者で、ビットコインを購入する方法であり、もっとも一般的な方法だと考えられます。他人コインを購入したい人は、レートに見合った対価を円やドルなどの法定通貨や、他の仮想通貨と引き換えに取引します。
また、アフィリエイト等の報酬としてビットコインを獲得する方法もあります。
最後に紹介するのが、マイニングです。ビットコイン等の仮想通貨は、絶えず行われる取引を「ブロックチェーン」技術を用いて記録、管理しています。世界中で行われているビットコインの取引情報はおよそ10分毎にブロックと呼ばれるデータの塊にまとめられます。そのブロックが承認されれば取引は完了し、過去の承認済みブロックに連結されます。これがブロックチェーンの大まかな仕組みです。しかし、この連結する作業が大変で、複雑な暗号を解読するような、膨大な計算量を必要とします。この計算処理を行うのがマイニングであり、マイニングの協力者にはビットコインにで報酬が支払われます。



マイニングには大きな投資が必要

このマイニング作業ですが、PCとソフトウェアさえあれば誰でもできる作業です。しかし、報酬を獲得できるのは、最初に計算処理を終えた1名だけで、それ以外のマイナー(マイニングを行う個人や法人)の作業は無駄となってしまいます。そのため、マイナーは報酬を獲得するために高性能のPCを何十台、何百台と並べて処理を行っています。さらにこれだけのPCを常時稼働させると、電力消費量も莫大なものになります。そのため、マイナーの多くは電気代の安い中国で活動しています。そこまでしてなぜマイニングを行うのか、と疑問に思う方もいるでしょう。それは、その報酬の大きさです。現時点では、一度マイニングに成功した場合の報酬が12.5BTC、約1,000万円です。マイニングには多大な投資が必要ですが、その見返りも大きいのです。

他人のPCを使って(無断で)処理を行うマイニングウィルス

このようにマイニングは多額の投資を行ってもリターンが必ずあるものではありません。しかし、投資をしなかったらそれこそリターンを獲得できる可能性は限りなく低くなります。そこでこう考えた人がいたのでしょう。
「他人のPCやスマートフォンを使って処理すれば、設備投資も電気代も必要ない」
他人のPCやスマートフォンのCPUやリソースを勝手に使って強制的にマイニング処理するウィルスが作り出されました。これがマイニングウィルスです。このマイニングウィルスに感染すると、普段通り使用しているPCやスマートフォンに以下の様な症状が見られる様になります。
・PCのファンが突然勢いよく回り出す
・PCやスマートフォンの動作が遅くなる
・PCやスマートフォンのバッテリーの消費が早くなる

このマイニングウィルスは、データが壊されたり、流出したり、といった直接的な被害はありません。そのため、ちょっと調子悪いのかな、で済まされていることも多いのが実情です。だからと言って放置すると、CPUが使い続けられる状況が長くなるため、PCやスマートフォンの寿命が短くなる可能性があります。また、CPUが高稼働することによる発熱で故障や変形といった被害も報告されています。企業等のネットワークに接続されたPCである場合は、ネットワークを通じて企業内のPCやサーバーにも感染する可能性があります。しかも、マイニングの報酬はウィルスの発信者総取りで、ウィルス感染したPCやスマートフォンの持ち主には当然ながら還元されるわけがありません。実被害がなくても気持ちのいいものではありません。
最近では、ホームページにマイニングを実行する様なスクリプトを埋め込むという手法も見受けられます。この場合、ウィルス等に感染していなくても、当該サイトにアクセスして閲覧している間、マイニングの処理をし続けさせられるられることになります。



マイニングウィルスを防止するためには

基本的には他のコンピュータウィルスやランサムウェアと同様の方法になります。

1.セキュリティソフトの導入
セキュリティソフトを導入し、パターンデータを最新に保つことで、マイニングウィルスに感染するリスクは低減可能です。

2.PCやスマートフォンのOSやソフトウェアを最新状態に保つ
OSやインストールされているソフトウェアのバージョンを最新にし、最新のセキュリティパッチを適用した状態にすることで、マイニングウィルスに感染するリスクは低減可能です。

3.不審なメールは展開しない
送信元や件名、内容に不審な点があるメールは開封しないことです。何か違和感を感じたら、なりすましメールの可能性もあるので詳しく確認してみるべきです。間違っても、添付ファイルをクリックしてはいけません。

4.不審なサイトを参照しない
リンク先等が不審なアドレスの場合は、どんなに知りたい情報でもアクセスすることは避けるべきです。

マイニングウィルスは実害がないとはいえ、外部から感染したことには違いがありません。つまり、自分のPCやスマートフォン、あるいは企業ネットワークにセキュリティ上の課題があることに他なりません。マニングウィルスの症状が現れた場合は、セキュリティチェックを行うべきです。


上記に関して、ご関心、ご相談等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォームは、こちらです。

デルタエッジコンサルタントでは、情報セキュリティに関して以下の様なサービスを提供しております。
・セキュリティ規程等の策定、改訂
・セキュリティ環境の調査と改善提案
・社内IT環境のセキュリティ強化支援
・従業員に対するセキュリティ教育
・情報セキュリティ対策のマネジメント化支援

詳細は、弊社ホームページの「情報セキュリティ対策支援」を参照ください。

この記事を書いたプロ

金子清隆

金子清隆(かねこきよたか)

金子清隆プロのその他のコンテンツ

Share

金子清隆プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-6869-8336

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

金子清隆

デルタエッジコンサルタント株式会社

担当金子清隆(かねこきよたか)

地図・アクセス

金子清隆のソーシャルメディア

facebook
facebook

金子清隆プロのその他のコンテンツ