まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
  1. みんなで一緒にやりがいのある仕事を!で職場に活気が生まれました!
風間英美子

障害者の「働きたい」を後押しする障害者就労事業コンサルタント

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

お電話での
お問い合わせ
03-5201-3631

お客様の声詳細

参考になった0

ビジネスその他

みんなで一緒にやりがいのある仕事を!で職場に活気が生まれました!

2018年5月25日

30代/男性

私たちは、障害のある人が福祉的サービスを受けながら働く就労継続支援B型事業所です。働く利用者さんにできるだけ多くの工賃をお支払いしたいと考えています。そのため、受注した作業を効率化して生産性を上げるなど工夫をしていますが、もう一つ収入の柱を作りたいと思い、革小物の制作販売をすることにしました。

革小物は趣味性の高いもので、無数の工房やお店があり、その中で選んでもらうのは難しいものですが、一方で同じ志向を持つ消費者グループにアプローチできれば、きちんとした利益を確保しながら販売できるだろうと思っていました。そして何より、手仕事で作るものなので利用者さんの「職人技」が生かせるし、「売れた」という実感が味わえます。

革小物の新規事業が私たち事業所にもたらす明るい未来を描きつつ、果たしてモノ作りが初めてな自分たちだけで、本当に実現できるのだろうか、みんなのモチベーションを維持して走っていけるのだろうか・・・・。不安でいっぱいでした。そこで以前自治体の研修で講師をしていたキュベル様に相談し、関わる全員がチームになって、革小物を事業を立ち上げ、推進していくための支援をお願いしました。

キュベル様からアドバイスをいただいた中で一番響いたのは、「全体を巻き込む」ということでした。

事業所全体でシナジーを産まないと目標工賃は達成できないと認識しながらも、気が付くと自分一人で抱え込んでしまっていました。そんな時、タイミング良く指摘をしていただけたことで、現状に気づき、スタッフや利用者さんを巻き込む形に軌道修正することができました。特にスタッフについては巻き込んでいくことが出来たように思います。

販売イベント出店などは事業所全体に告知して、革小物に関わっている人だけではなく事業所で盛り上げました。利用者さんの中に温度差はありますが、イベントに参加してくれる方もいてスタッフだけが勝手にやっているという状況から前進することができました。

利用者さんのモチベーション向上のための取り組みとして、利用者さんの中でリーダー的な役割の「マイスター」制度や、仕事や行事に対する姿勢を評価する「努力賞」なども導入し、工賃でもしっかりと評価できるようにしました。スタッフでアンテナを張り、利用者さんのどんな小さな努力も見落とさないようにすることで、利用者さんの安心感ややりがいに繋げていくことができています。

利用者さんとの一体感にはまだ若干距離がある状態ですが、各自役割を持って革小物事業に関われる体制が整ってきており、今年度中に形になると見込んでいます。昨年度はその基礎ができたので、「全体を巻き込む」という目標は、ほぼ達成!だと思っています。

キュベル様に支援していただけたことで、革小物の新規事業や工賃向上についての取り組みが現実感を帯び、「本当にできるのかな?」から「できそうな気がしてきた!」に変わりました。行動が数字(工賃)に現れるので、やり甲斐にもつながっていたように思います。

工賃向上はその事業所を利用している利用者さんのニーズにもよりますが、利用者さんの支援としてはとても意味のあるものだと思っています。私たちは工賃向上という全員共通の目標に向かって邁進し、工賃目標を細かいスパンで達成していくことで活気のある事業所になっています。スタッフが熱意をもつことで、利用者さんにも活気がでてきて一歩踏み出す勇気を持てたりします。その一歩をちゃんと見てあげて、伴走者であるスタッフと共に振り返り、自信につなげるられる環境ができてきました。

今回キュベル様に支援していただくことで、「みんなで一緒にやりがいのある仕事を作ろう」という思いで、まずはスタッフが団結でき、職場に活気が生まれたことは大きな収穫でした。今後進んでいくための自信を得ることができました。
ありがとうございました。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

このプロの「参考になった」が多い声

風間英美子プロのその他のコンテンツ

Share

風間英美子プロのその他のコンテンツ