まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
風間英美子

障害者の「働きたい」を後押しする障害者就労事業コンサルタント

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

コラム

障害者就労で皆が笑顔で働ける仕組みのタスカルカード

組織変革

2017年12月25日

好評な手作り弁当、右肩上がりの売上と高い工賃。なのに・・・

茨城県水戸市にあるユーアイキッチン(就労継続支援B型事業所)は知的障害者21名が通所する福祉施設で、就労事業としてお弁当の製造販売をしています。利用者で厨房に入っている人もおり、早い人は6時から出勤し、炊飯、揚げ場、切り菜などを担当しています。野菜たっぷりの手作り弁当は好評で、一日約200個を販売し、年間売上約4,400万円、月額平均工賃45,000円を達成しています。

しかしあるとき、売上が上がっていても利益が上がらない状況が続いていて、不思議に思った管理者が製造の現場をじっくり観察してみると、さまざまな問題があることに気づいたそうです。

段取りが複雑化して、ネガティブループに陥る

人気のお弁当は日替わりで、飽きのこないメニューを追求しているうちに、作成手順や準備作業が複雑になっていていたようです。段取りが複雑だと生産性は上がらず、ミスも出やすい。ミスのたびに場当たり的な対応が生まれることでさらに手順が複雑化する。分かっているのはベテランの職員だけで、利用者はもちろんのこと新人の職員も、「次に何をしていいいかわからない状況」が生まれていたそうです。

わからないからできないし、ミスが生まれる、ミスをするから叱られる、叱られるから楽しくない・・・

こんなネガティブループに陥り、職場の空気が重たかったということです。

「タスカルカード」でポジティブループを作る

そこで立てた仮説が、
仕事を分解し、作業内容と順番と総量が分かるようにならないか。その仕事をカード化し、一つひとつのカードに評価をつけていったらどうか。きっとやる仕事がわかり、わかればできるし、その仕事を評価してほめてもらえば、もっとやる気になるんじゃないか。ネガティブループをポジティブループに変えることができるのではないか、
ということです。

仕事をカード化したものは「タスカルカード」と命名されました。名刺大の大きさで、1枚につき1個の仕事が記され、それぞれの仕事はイラスト化されています。その運用の大きな流れは次の通りです。
①利用者はタスカルカードを見て自分の仕事を把握する。
②利用者はタスカルカードの順番通りに、ていねいに仕事に取り組む
③利用者は完了した仕事は1つずつ完了のしるしをつける
④仕事を評価してもらう。職員は仕事の状態を見て、がんばったときは評価のしるしをつける
⑤利用者は自分の仕事の評価を確認する
⑥利用者はタスカルカードを見て、明日の仕事の準備をする
⑦毎月末には、がんばった人をみんなで称える

ポジティブループで職場が変化

タスカルカードを運用することで職場に様々な変化が生まれたそうです。
ムダな仕事の整理・削減ができた、仕事への自主性が生まれた、そして何より職員間にポジティブループが生まれた!

タスカルカードでその日にやる仕事の全体が把握できるようになったので、ベテラン職員も新人職員も今日一日何をするかが理解でき、新人職員は利用者への支援が的確にできるようになったそうです。また利用者が「できた!」といって喜ぶ姿は職員のモチベーションを刺激し、ほめることも仕事なのだと認識を新たにしたということです。

「わかった!」「できた!」「ほめられた!」というポジティブループが職場全体に広がり、やる気の向上につながりました。

障害者就労継続支援事業所での就労事業は、働く障害のある人たち(利用者)が「人財」として活躍します。その人財の活躍を、職員という「人財」が支えます。タスカルカードは、利用者や職員という「人財」がその力を大いに発揮する一つの有効な仕組みであることに間違いはありません。




=========================
ソーシャル事業の経営支援
Leadership & Management
有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp
=========================
Mission
何らかの「障害」があっても、張り合いをもって働ける社会を目指す
ソーシャルファーム/ソーシャルビジネスを支援します。

Value
「組織やチームを作る」「事業を作る」「仕組みを作る」を通して
障がいのある人の働く場をエンパワメントします。
==========================

=========================
成果志向のソーシャルビジネスをエンパワメント

有限会社キュベル
=============
Mission
何らかの「障害」があっても
張り合いをもって働ける社会を目指す
ソーシャルビジネスを支援します。
==========================

この記事を書いたプロ

風間英美子

風間英美子(かざまえみこ)

風間英美子プロのその他のコンテンツ

Share

風間英美子プロのその他のコンテンツ