まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
風間英美子

障害者の「働きたい」を後押しする障害者就労事業コンサルタント

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

コラム

就労継続支援A型事業所の利用者も職員も「人財」。職員の育成計画を作りませんか?

就労継続支援A型

2017年12月11日

社会課題を解決する事業の就労継続支援A型

就労継続支援A型の事業者さんの研修をさせていただいたり相談をお受けしたりする中で、一番最初にお互いに理解したいのは、「就労継続支援A型は社会課題を解決する事業=働きたいけど雇用の機会が得らえていない障害のある人にお仕事と、ステップアップと、自信と安心を提供する事業」ということです。この大きな社会課題の解決に向けて、各事業所が有効な事業を企画立案し、継続していくことが大切だということです。

基本的すぎるかもしれませんが、日々の中で忘れがちなことでもあります。ときに立ち止まり、今事業所で行っている事業が、「働きたいけど雇用の機会が得らえていない障害のある人にお仕事と、ステップアップと、自信と安心を提供する事業」になっているかどうか、どの程度有効な事業になっているかどうかを振り返ってみてはいかがでしょうか。

雇用契約を結ぶ利用者は人材か?、人財か?

A型事業所で働く障害のある人は、就労時間や賃金や仕事時間などを合意する雇用契約を事業所と結んでいます。会計上の支出では人件費となります。どの事業でも人件費は大きな比重を占め、その意味でいつも[「注目を集める」経費になります。もし並んでいる数字だけを見て経費やコストと見ると、万一事業が低迷したときには、その数字は膨大で、本当に本当に重くのしかかってくるでしょう。民間企業であれば人員削減なる文字も頭をよぎるかもしれません。

しかしA型の事業使命は、働きたいけど雇用の機会が得られない障害のある人にお仕事等の機会を提供すること。となるとここは手をつけることはできません。ならどうするか。もちろん経費をカバーするだけの売上・利益を確保するということになります。売上・利益を確保するには。やはり一緒に働く利用者を雇わなければならない人件費やコストととらえるのではなく、一緒に売り上げを伸ばしていく人財ととらえてみる必要があるのではないでしょうか。

人財職員の役割はすごく重要

障害のある人を例えば10人雇用するとなると、そこそこの事業規模が必要になります。それぞれに個性があり得手不得手があるので、頭で考えるように上手くいかないと言われそうですが、それこそが社会課題を解決する事業の腕の見せ所というなのではないかと思います。

そしてそのカギを握るのは、やっぱり「職員」。お給料を払う事業を計画し取引先との交渉や生産を管理する一方、障害のある利用者(社員)たちのスキルアップやモチベーション管理を行っていくわけですから、プロジェクトマネージメントといった一般的にも高いスキルが必要となってきます。利用者という人財を活かすのは職員という人財です。

にも関わらず、見渡してみるとA型職員のビジネススキルアップの研修はあまり行われていないという印象です。スキルなので学べば身につけることができるのですが。(逆に学ばなければ、身につけることが難しい・・・)

繰り返しですが、利用者という人財を活かすのは職員という人財です。
福祉とビジネスの視点を持てる職員を育成することが、この事業の肝なのではないかと思います。

就労継続支援A型事業の経営者の皆さん、職員という人財を育成するための研修計画を作ってみませんか?

=========================
ソーシャル事業の経営支援
Leadership & Management
有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp
=========================
Mission
何らかの「障害」があっても、張り合いをもって働ける社会を目指す
ソーシャルファーム/ソーシャルビジネスを支援します。

Value
「組織やチームを作る」「事業を作る」「仕組みを作る」を通して
障がいのある人の働く場をエンパワメントします。
==========================

=========================
成果志向のソーシャルビジネスをエンパワメント

有限会社キュベル
=============
Mission
何らかの「障害」があっても
張り合いをもって働ける社会を目指す
ソーシャルビジネスを支援します。
==========================

この記事を書いたプロ

風間英美子

風間英美子(かざまえみこ)

風間英美子プロのその他のコンテンツ

Share

風間英美子プロのその他のコンテンツ