まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
風間英美子

障害者の「働きたい」を後押しする障害者就労事業コンサルタント

風間英美子(かざまえみこ)

有限会社キュベル

コラム

工賃アップの新規事業を考えるには

工賃向上

2016年9月12日 / 2017年1月14日更新

ある研修会での講演のあと、工賃を上げるための支援をされているという方からご質問を受けました。社労士さんや税理士さんのグループで、工賃向上に役立つ新規事業を特に支援されているそうです。ご質問の内容は、「工賃向上のために新規事業を行う場合、福祉施設が特に注意することは何ですか」というものでした。

このご質問に対するお答えは、すごくベタなのですが、

1.その事業が属する業界を知る、理解する。何がKSF(成功要因)なのか。
  そこに自分たちのビジネスチャンス(「機会×強み」はあるのか)

2.収益を上げる仕組み(ビジネスモデル)を考える。
  すべては顧客がスタート。(最初はプロダクトアウトでも、顧客の視点に戻っていく)。何を提供するのか。
  どう提供するのか。その収入を支えるリソースは何か。

3.収支計算のシュミレーションをする。

4.行動計画を作る。

5.事業計画書・収支計画書をまとめる

という流れで考えるということかと思います。

福祉施設が何か新しいことをしたいという場合、1から5までを飛ばして、とにかくやってみる(それも本番!)というケースに少なからず遭遇しましたし、そういう場合は修正がかなりきついです。(経験上)

そして多くのケースでは、1と2が圧倒的に「飛ばされて」います。(経験上)。
1と2は、そういう見方を知っているか知らないか、そういう見方に慣れているか慣れていないかというのが多分大きく、福祉支援という事業の中では触れることが少ない部分なのかもしれません。

なのでこの「慣れていない部分」「弱い部分」を、ご質問者の士業グループの方々がサポートするというのが良いのだと思います。

こうして改めて考えてみると、全国いろいろな場所で、いろいろな立場の方が、障がいのある人の働くを支援しているのですね。今回のご質問者の士業の方を含め、他の方々ともお話をしてみたいなあと思います。別の視点から、工賃アップの課題が見えてくるのではないかと思います。

=========================
就労事業の改善や新規事業の導入などお気軽にご相談ください。

有限会社キュベル
http://www.cuvel.co.jp
=========================
●キュベルのコンサルティング
就労事業の改善、新規事業の導入

●キュベルの研修
「工賃向上ワークショップ」(工賃向上計画作成支援と推進支援を行うビジネスワークショップ 年間プロブラム)
「就労事業をよく知るワークショップ」(はじめて就労事業に就いた方向け
「工賃向上に必要な就労会計の基礎」(はじめて就労事業に就いた向け)
==========================

=========================
成果志向のソーシャルビジネスをエンパワメント

有限会社キュベル
=============
Mission
何らかの「障害」があっても
張り合いをもって働ける社会を目指す
ソーシャルビジネスを支援します。
==========================

この記事を書いたプロ

風間英美子

風間英美子(かざまえみこ)

風間英美子プロのその他のコンテンツ

Share

風間英美子プロのその他のコンテンツ