まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
工藤正彦

マニュアルの仕組みづくりコンサルタント

工藤正彦(くどうまさひこ)

株式会社クオーレ

お電話での
お問い合わせ
03-5261-2294

工藤正彦プロのコラム一覧:マニュアルとは?

「ムダ・ムラ・ムリをなくす」業務改善活動でよく使われるフレーズである。ムダの代表例として、「長時間の会議」「多すぎる報告書」「煩雑な提出書類」といったことがどこの企業でもあげられる。では、何時間の会議なら良いのか、必要な報告書はどれか、と問われれば、これが簡単に...

ある新聞記事に、「厳格なマニュアル」という表題で始まる記事が載っていた。はて? “厳格な”とはどういうことか。それじゃ、“寛大な”マニュアルというのはあるのか。「こちら、割と厳しめのマニュアルです。きついようでしたら、こちらはそれなりに優しめにまとめてあるマニュアルです...

マニュアルに求められる「具体性」とは何か。マニュアルを読んで同じようにできるという「再現性」。これがマニュアルの肝(きも)である。この「再現性」を確かなものにするためには、「具体性」が非常に重要になる。この「具体性」とは、「箇条書きでまとめる」といった類いのことではもち...

少し前になるが、新聞にこんな記事が載っていた。サッカーの元日本代表監督の岡田氏が、スペインの強豪クラブ・バルセロナのメソッド(指導方法)部門の責任者と話をした時のことである。「スペインには、サッカーのプレーモデル(形)があり、それを16歳までに教え込む」という。それ...

特殊な仕事、職人の技を必要とする仕事は、「マニュアル」にならないのではなく、「マニュアル」にしてこなかっただけだ、と前回書いた。はなから「マニュアル」にならないと思い込んでしまう、「マニュアルにする」という発想さえ浮かべない。本当にモッタイないことだと思う。確か...

いろいろな業種業界のマニュアルづくりをお手伝いしていると、共通してよく言われることがある。「うちの仕事は、特殊ですから……」「うちの人間は、職人気質が多いですから……」だからマニュアルにはならない、という牽制球を最初に投げてくるのだ。ホントに皆さん、自分の、自分たち...

会社の大きな取り組みの一つに、「業務改善活動」というものがある。テーマは、ほとんどが「効率化」である。ムダやムラ、ムリをなくす、仕事のスピードアップ、生産性の向上など、様々なサブタイトルがつく。この取り組みは非常に良いように思えるが、実際問題としてはある種のネガティ...

よくこんな声が現場から聞こえてくる。「マニュアルは、必要な人が読めば良いと思う」「マニュアルは、参考書みたいなものだから……」これらは言葉を変えれば、マニュアルを“モノ”として捉えているということだ。確かにこれまでの「マニュアル」の捉え方は、そうだったと思う。情報やノ...

どこの企業にも、ハイパフォーマー(成績優秀者)と呼ばれる人たちがいる。「トップ営業マン」「トップ販売員」「○○にかけては、彼の右に出る者はいない」……etc.しかし、いかんせん、こうした人たちは、ほんのひと握り。だから、会社としては、何とか彼らのノウハウをその他大勢(失礼...

ここ数年、地方、それも大都市ではないところの中小企業からのマニュアル制作が増えている。そんな企業とのマニュアルづくりの中で出会った、エピソードを一つ紹介したい。「○○さんは、豚肉はダメです」これは、「給食の注文」という業務マニュアルの一節である。社員から「給食の注文...

「マニュアルは、自分たちが必要だと思わなければ、作っても使ってもらえない」と面と向かって言われたことがある。そして、社員の自発的・主体的な関わりが重要だと。確かにそれはその通りである。が、問題はその“必要”をどう自覚させるかということだ。以前、この「独り言」でも書...

作業改善は、企業にとっての最重要な取り組み課題である。現代は変化のスピードが驚くほど速いから、常に作業を見直し、より効率的で効果的な方法などに改善し続けていかなければならない。この取り組み、「作業改善委員会(プロジェクト)」なるものを立ち上げたり、「作業改善提案制度...

作業改善は、企業にとっての最重要な取り組み課題である。現代は変化のスピードが驚くほど速いから、常に作業を見直し、より効率的で効果的な方法などに改善し続けていかなければならない。この取り組み、「作業改善委員会(プロジェクト)」なるものを立ち上げたり、「作業改善提案制度...

ある高名な学者がのたまったそうだが、戦後の日本をダメにしたものの一つに、「マニュアル」があるという。「日本をダメにした……」とは大ごとだが、もしそうだとしたら、戦後70年近くになってもいまだに「マニュアル、あぁマニュアル」などと叫んでいるマニュアル屋さんは、さしずめA...

ある企業の幹部いわく、「やはり最終的には、企業の文化をどうつくるか、ということになりますよ」マニュアルとは何か、マニュアルの果たす役割とは、……なんていうオカタイ話を熱っぽく議論した。感嘆、共鳴すること多々あり、充実したひと時である。ところで、ここはとある居酒屋。...

工藤正彦プロのその他のコンテンツ

Share

工藤正彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5261-2294

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

工藤正彦

株式会社クオーレ

担当工藤正彦(くどうまさひこ)

地図・アクセス

工藤正彦プロのその他のコンテンツ