まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
工藤正彦

マニュアルの仕組みづくりコンサルタント

工藤正彦(くどうまさひこ)

株式会社クオーレ

お電話での
お問い合わせ
03-5261-2294

コラム

マニュアルにまつわる偏見

マニュアル屋の独り言

2016年11月30日 / 2017年9月8日更新

ある企業の営業部門の人と話をした。
「悪いイメージを持たれていると、商談にはいる前に、まずその壁を突破しなければ
進まないんですよ」
「イメージって、ホント、コワいですよ。銀行屋、保険屋、パチンコ屋、印刷屋なんかも、
マイナスが先行してますよね」
思わずドキリとした。そう言えば、うちもマニュアル“屋”だった。

思い起こせば、「マニュアル」に対する偏見との戦い(ちょっと大げさだが……)に、
日々膨大なエネルギーを費やしてきた。
もちろん、“費やす”だけでなく、そのプロセスを通して鍛えられ、
理論武装ができたのも、また事実である。

しかし、あらためて思うが、言葉の持つ威力である。イメージのコワサである。
その人がどんな経緯でそんなイメージを持ったのか。テレビや雑誌などの影響か。
はたまた個人的にイヤな経験をしたせいであろうか。
そんなわけで、ビジネスの相手がこちら(業種・商品)にマイナスのイメージを
持たれていると、俄然ファイトが湧く。
「上等ダー! こちとら、これでメシを食ってるんだ! この青二才に何がわかる!!」
マニュアル屋さんは、少々下品で乱暴者である。スミマセン……。

きちんとコトに対する上で、自分がある種のイメージ・固定観念を持っているか
どうかを振り返り、それを極力排して臨むことが肝要である。
時としてそのイメージは、真実を、評価を曇らせることがある。
下世話な言い方をすれば、“食わず嫌い”にならないとでも言えようか。

「〇〇マニュアルのスゴイ成果!」
大きな見出しが目に入った。何っ! と勇んで読んだら……「詐欺マニュアル」。
お客様をダマす手口を詳細にまとめ、それですごい利益を上げたとか。
被害にあわれた方にはお気の毒だが、「マニュアル」の威力・効果を実証した事例(?)である。

しかし、こんな形で世間を賑わしてもらいたくない。
「マニュアル? ああ、あの詐欺の……」
「あのう……できれば、もうちょっと良いモノを……ハイ……」
思わず、マニュアル屋さんを廃業したくなった。
げに、イメージは恐ろしきものかな……である。
ホント、ああシンド……!


■作成・活用事例~株式会社クオーレ ホームページ
■マニュアル作成のヒントが満載!マニュアル工房 (無料サンプルもあります)


工藤正彦 著作

『成功したければマニュアルどおりにやりなさい。』(実務教育出版) 2015年

この記事を書いたプロ

工藤正彦

工藤正彦(くどうまさひこ)

工藤正彦プロのその他のコンテンツ

Share

工藤正彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5261-2294

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

工藤正彦

株式会社クオーレ

担当工藤正彦(くどうまさひこ)

地図・アクセス

工藤正彦プロのその他のコンテンツ