まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
佐々木通男

低価格の中に付加価値を提案するリフォームプランナー

佐々木通男(ささきみちお)

CSプランニング有限会社

コラム

オフィスの防音(遮音)

オフィス 壁工事

2013年1月30日 / 2015年3月12日更新

間仕切り工事をお考えのお客様に多いのが、
「防音(遮音)をしたい」というご要望です。

この場合の「防音」と「遮音」の違いですが、
防音は、室内など囲われている空間から音が漏れないようにすること。
遮音は、外からの音を遮る、また外に音を出さないようにすること。
一般的に防音と遮音は同じ意味で使われることも多いようです。

まず、壁自体を防音(遮音)仕様にします。
この場合、パネルのパーテーションを使用するよりも、
壁を造作したほうが、より効果的になります。

造作壁とパネルのパーテーションの違いは、
柱を挟んだ石膏ボードの間にあります。

造作壁であれば、石膏ボードと石膏ボードの間に
グラスウールやロックウールを埋め込むことが可能です。

グラスウールはガラス繊維で出来た無機質の素材、
ロックウールは天然鉱物(石)等を繊維化したものでこれも無機質な素材です。
これにより、防音効果が格段に上がります。

しかし、パーテーションは加工が難しいため、
ボードの間が空洞ができます。
その結果、防音効果は下がってしまいます。


上記のように壁の部分だけを防音(遮音)施工した場合、
人間の感覚として、ドアから音が漏れているように感じ、
どうしても気になってしまう、というケースが発生します。

そこで、さらにドア自体を防音ドアにすることにより、
本格的で確かな防音(遮音)効果が生まれますです。

しかし、一般的に「防音ドアはコストがかかる…」
それどころか「造作の間仕切りは高そう…」
という印象を持たれていると思います。

シーエスプランニングでは、こういった問題を解決し、
「ルックスが良くて、リーズナブルな防音(遮音)ドア」
このような工事を、多くのオフィスでご提案、施工させて頂いてます。

シーエスプランニングでは、
お客様の多種多様な「ああしたい、こうしたい」
といったご要望にお応えしています。

まさに、オーダーメイドです!
いかがでしょうか。

★クロス張替え・壁紙張替えなど原状回復工事のCSプランニング

オフィスの御移転をお考えの企業様へ
社長室、会議室などの造作間仕切り工事が格安で行えます。
↓↓↓
HP http://www.cs-planning.co.jp/service/office_partition.html
Blog http://ameblo.jp/cs-planning/theme-10035440259.html

(まずはご覧下さい。)
携帯 090-1045-8119 佐々木
(お問合せは、佐々木まで直接お電話頂いた方がスムーズです!)

この記事を書いたプロ

佐々木通男

佐々木通男(ささきみちお)

佐々木通男プロのその他のコンテンツ

Share

佐々木通男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5337-9570

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐々木通男

CSプランニング有限会社

担当佐々木通男(ささきみちお)

地図・アクセス

佐々木通男プロのその他のコンテンツ