まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
佐々木通男

低価格の中に付加価値を提案するリフォームプランナー

佐々木通男(ささきみちお)

CSプランニング有限会社

コラム

とある物件でのお話…

コラム

2012年3月26日

今日は、先日あったエピソードをご紹介させて頂きます。

新宿区のとある物件でした。
オーナー様からお問合せを頂きました。

半年前に数百万円を掛けてリフォームをしたが、
全然入居が決まらなくて困っている、との事でした。

それは大変だと思い、すぐに急行させて頂きました。

建物自体、築20年程のマンションで、
築年の割に外壁も綺麗で、エントランス周りも整然とされている。
植栽の手入れも行き届いていて問題なし。

間取りは1DKとのことで、単身者向けです。
地下鉄の駅からも近く、商店街なども充実していて、
生活に不便をする事がない地域です。

これのどこが決まらないのか。
数百万を掛けてリフォームしたにも関わらず。


ところが、玄関を開けた瞬間「これでリフォームしたの?」と
直感的にそう思いました。
一瞬、15年前の物件と勘違いした程で、
しかし間違いなく、2011年にリフォームをしたお部屋です。

つまり今風のデザインではなかったという事です。
もっと率直に言えば「古臭い」感じが言葉では言い表せないけれど、
感覚がそう思わせてしまうのです。


全体的に茶色ベースでドンくさい。建具は昔のまま。
フローリングも張り替えた割には一昔前の印象のオーク系。
キッチンも20年前当時の物で古さに拍車を掛けている。

一体、数百万と言うお金はどこに掛けたのか?
そう思わざるを得ない内装の出来でした。

オーナー様と現地でいろいろなお話をさせて頂くうちに、
もう一度、リフォームをして入居者が決まる内装をしてほしい。
そう仰いました。

しかし、半年前に他社で数百万円を掛けたのに、
また、お金をかけてリフォームしましょう、と言うのは
正直言って、私も思い悩みました。


しかし、このままでは空室期間がただただ延びるばかり。
それは見過ごすことができない大きな損失です。
お気の毒ではあるけれど、このままではいけない。

そこで、改めてご提案、お見積りをさせて頂きました。

・基本的には、現状の茶色ベースから白ベースにする。
・建具は、全て取り替える(例えば押入れをクローゼット扉に)
・昔ながらの引き戸を、今風の引き戸に。
・床をオーク系からビーチ系に貼り替える
・キッチンを交換する。
・洗濯機置き場を新設する。
・それに伴って壁を壊し、トイレの向きを変更する。
・照明器具の設置。

概ねこのような内容でした。

完成間もないころ、工事中すでに入居申込みをされていた方が、
最終的な完成を見たいと、おっしゃっていたとのことで、
引き渡しと同時に内見して頂きました。

大変気に入って頂いたようで、そのまま入居の希望を
不動産屋さんに伝えたそうです。
その後、無事に入居が決まったという連絡があったそうです。

リフォームの目的は、リフォームそのものではなく入居者に住んで頂く事。
オーナー様がリフォームをすることで、家賃を得て頂く事です。
リフォームはあくまで手段です。目的ではありません。
その最大のポイントを押さえていなければなりません。

大家さんにとってベストなリフォーム会社を選ぶ一つのポイントとして
ご参考頂ければ幸いです。

※尚、こちらの物件の施工写真は追って、掲載させて頂きます。

★クロス張替え・壁紙張替えなど原状回復工事のCSプランニング

賃貸物件ご所有のオーナー様へ
工事を行ったことによって、最終目的である入居者が一瞬で決まった事に
大きな喜びを感じながら、日々施工をさせて頂いております。

的確な工事範囲でご提案し、良心的な価格で工事を行っています。
↓↓↓
HP  http://www.cs-planning.co.jp/
Blog http://ameblo.jp/cs-planning/
(まずはご覧下さい。)
携帯 090-1045-8119 佐々木
(お問合せは、佐々木まで直接お電話頂いた方がスムーズです!)

この記事を書いたプロ

佐々木通男

佐々木通男(ささきみちお)

佐々木通男プロのその他のコンテンツ

Share

佐々木通男プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
03-5337-9570

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐々木通男

CSプランニング有限会社

担当佐々木通男(ささきみちお)

地図・アクセス

佐々木通男プロのその他のコンテンツ