まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
佐藤ともこ

地域密着店に最適な「丁寧すぎない接客マナー」講師

佐藤ともこ(さとうともこ)

武蔵野接客スタイル

コラム

名札をつけることには、大きなメリットがあります

接客の心構え

2018年10月6日

勤務中、お客様から見えるように名札をつけていますか?

サービス業の大半は、自分の名前を明らかにして
お客様の前に出ることになっています。

当たり前すぎて、意識したこともないでしょうか。
意味を考えることも考えず
「そういうものだからね」と、
会社の方針に従ってのことかもしれません。

そんな風に何気なく流されてしまう名札だから
うっかり着け忘れてしまっても、
裏返って名前が見えなくなっていても、
あまり問題視せずに過ごしてしまうことが多いんです。

「名前を知られたくない」にヒントがある

「名札は制服の一部」と言われても、
それがなぜなのかを知らされなければ
うっかり忘れは減らないですし、
人によっては
「名前知られて、名指しでクレームきても嫌だし」
なんて理由で、意図的に着けないなんてことも。

おっと!
ここにヒントが!!!

名札をつける理由、見えてきました。

「名指しでクレームきても嫌だし」

これが答えです。
ハッキリと名前を明らかにしてしまうことに意味があるんです。

堂々と企業名や担当者の名前をお客様に示すことで、
「私たちは恥じないサービスを行います」という
宣言になります。

待機の姿勢は前で手を組む
→武器はもていませんよ。どうぞ見てください
という考え方と同じです。

「名指しされたら嫌だな」というプレッシャーも
個々のサービスの手抜きに歯止めをかけます。

接客する側、される側
双方がWIN×WINになるための手段なんですね^^

お客様は、嬉しい時も名前を知りたがる


お客様が名前を知りたいのは
悪いサービスを受けたときだけではありません。

「あぁ、この人感じ良いな。」
「いい接客をしてもらったから、お礼を伝えたい」
「次もまたこの人だったらいいな。」
「今日はあの人いるかな?」

そんな時もお客様は名札に注目します。

されて嬉しかったことをサンキューカードに書くとき
お客さまは「誰に担当してもらったか」を書きたいのです。
名前を知りたいと思います。

次に同じような用事でいらっしゃる時、
別の誰かにお願いするのではなく
担当者を指名したいと考えます。

見当たらなければきっと尋ねられるでしょう
「○○さんは今日出勤されていますか?」と。

名札には、やりがいに繋がる種が入っている

いかがですか?
何気なくつけている名札、
日々大きな役割を担っています。

名指しで評価されたら嬉しくなりますね。

では本日も堂々と名前を明かせるサービスを!
行ってらっしゃい!!

この記事を書いたプロ

佐藤ともこ

佐藤ともこ(さとうともこ)

佐藤ともこプロのその他のコンテンツ

Share

佐藤ともこのソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-10-16
facebook
Facebook

佐藤ともこプロのその他のコンテンツ