まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ東京
佐藤ともこ

地域密着店に最適な「丁寧すぎない接客マナー」講師

佐藤ともこ(さとうともこ)

武蔵野接客スタイル

コラム

■ ファンをつくる接客を叶えるための大前提

接客の心構え

2018年4月5日

ファンをつくる≒両想いのお相手をつくっていくということ


【 I look forward to serving you】
- またお客様にお会いできることを楽しみにお待ちしております -

ホテル勤務時代に先輩から教わり、
大切にしてきたフレーズです。

リピートしてもらう接客…というと
「いかに気に入ってもらうか」
「いかに満足度を上げるか」ということに
重きを置きがちなのですが…

御縁というのは人と人との繋がり。
片想いを両想いにすることがゴールなんです。

お客様に愛してもらうために
サービスをする側もお客様に対して
「また会いたい」
「またあなたを喜ばせたい」
という想いを抱けるかが大切になります。

熱い想いは心を動かす


普段のコミュニケーションでも
「あれ?この人、私に好意をもってくれてる?」
「これはあの人のご厚意なのかしら?」
なんて感じると、その人のこと
それまで以上に好意的に思えてきますよね^^

お客様とスタッフ(お店)の関係も同じなんです。

せっかくのお客様の想いをスルーしてしまっては気持ちが冷めてしまうでしょうし、
こちらの「また接客させてください」が伝わると、
「なんかいい感じ♫また来ようかな」という気持ちをお客様の心の中に湧かせてくれます。

「このお客様を接客できてよかった!」
「ぜひまた!」
「次にお会いするときは何で喜んでもらおうか」

そんな気持ちでお見送りができたら
きっとそれは伝わりますし、
あなたの接客の価値も上がります。

「ありがとう。嬉しい」の感情を一方的に求めるのではなく、自らその気持ちを抱いてプレゼントする

…そんな接客をぜひ意識してみてくださいね。


この記事を書いたプロ

佐藤ともこ

佐藤ともこ(さとうともこ)

佐藤ともこプロのその他のコンテンツ

Share

佐藤ともこプロのその他のコンテンツ